申し込みもカンタン!ふるさと納税がよくわかる!カード決済ならポイントも貯まり、便利に申し込めます!

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは地方自治体への寄付金のことです。
4月より、全国の1/2を超える「約1,112自治体」で
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンでお支払いいただくと、
永久不滅ポイントも貯まり便利でお得!

ふるさと納税をした場合

ふるさと納税の説明

※2,000円の負担は金額の大小、寄付する件数問わず、定額となります。

ふるさと納税の特徴

特徴1

各地域の特産品がもらえる!

ふるさと納税をすると、それぞれの自治体から特産品などを寄付のお礼の品として送ってくれる自治体があります。

特徴3

生まれ故郷でなくてもOK!

現在お住まいの地域や生まれ故郷の自治体でなくても、お好みの地域・自治体から納税先を選択することができます。

※総務省より対象外とされた自治体への寄附は、ふるさと納税での控除/還付を受けることができません。
対象外:東京都庁、静岡県小山町、大阪府泉佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町

特徴3

寄付金は税金が控除される!

実質2,000円の負担でお礼品をもらうことができるので、納税先に貢献できます。寄付した金額はその年の所得税と、翌年度の個人住民税より控除されます。
さらに、2015年4月から給与所得者などは、寄付先が5自治体までであれば、確定申告が不要になり ました! 複数の自治体「ふるさと」に寄付を通じて支援できます。

※ただし、確定申告に代わる申請書が必要となります。
※給与所得者以外(経営者・自営業など)の方は確定申告が必要となります。

たとえば…5万円を寄付した場合

実質負担額2,000円の目安はこちらでチェック!

*1・2 実質負担額・控除額は年収や家族構成により異なります。

*外部サイト「ふるさとチョイス」にリンクします。

詳しくはこちら
特徴4

「ふるさと納税」の使い道を自分で選べる

ふるさと納税では、税金の使い道を自由に選択できる。日本で唯一、税金の使い道が指定できる制度なのです。

特徴5

納税先の地域、自治体は複数選べる

支援先を一つの地域、自治体に限定する必要はありません。複数の自治体「ふるさと」に寄附、支援することが可能です。

3つのステップでよくわかるふるさと納税

ふるさと納税を活用するための3つのステップを紹介!

3つのステップ

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンでのお支払いならさらにお得

ふるさと納税でも永久不滅ポイントがたまります。さらに、クレジット払いだと書類のダウンロードや、コンビニ・郵便局へ行って払う手間も不要なので、申込がスムーズに。

お得

永久不滅ポイントは、200ポイントからクラブ・オン/ミレニアムポイントと交換できます。交換したクラブ・オン/ミレニアムポイントは、西武・そごう各店でのお買い物の際にご利用いただきます。

交換の詳細はこちら 交換はこちらから(Netアンサーログイン)

早速、ふるさと納税にチャレンジ!

ふるさと納税を始める前には、最低限以下のことを考えればOK。自分に合ったふるさと納税を見つけよう!

早速、ふるさと納税にチャレンジ! 納税先を見つけて手続きを始める

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス