• とちぎけん
  • のぎまち
  • 栃木県
  • 野木町
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

町民皆で祝う事業として「小学1年入学時本一冊贈呈事業」 次世代を担う大切な子供たちへの「出産祝金」の支給 多子世帯の教育費負担の軽減を図るため、第3子以降の小中学校入学時に「入学祝金」を支給 こども医療費の18歳まで無料化、現物給付を15歳まで拡大

1.子どもの健全育成、子育て支援事業
町民皆で祝う事業として「小学1年入学時本一冊贈呈事業」 次世代を担う大切な子供たちへの「出産祝金」の支給 多子世帯の教育費負担の軽減を図るため、第3子以降の小中学校入学時に「入学祝金」を支給 こども医療費の18歳まで無料化、現物給付を15歳まで拡大

災害時等に町民に迅速に情報を伝達する手段として、「防災行政無線」の整備 洪水ハザードマップの作成 災害時に避難所となる小中学校の改修工事 逆川排水機場の長寿命化・改修工事等

2.安全安心なまちづくり事業
災害時等に町民に迅速に情報を伝達する手段として、「防災行政無線」の整備 洪水ハザードマップの作成 災害時に避難所となる小中学校の改修工事 逆川排水機場の長寿命化・改修工事等

「野木町煉瓦窯」「渡良瀬遊水地」「ひまわり」「緑豊かな田園風景」など、特色ある地域観光資源を活用した町の活性化、観光振興に資する事業

3.町の活性化、観光振興のための関連事業
「野木町煉瓦窯」「渡良瀬遊水地」「ひまわり」「緑豊かな田園風景」など、特色ある地域観光資源を活用した町の活性化、観光振興に資する事業

【主な事業】 高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、保健・福祉・医療・介護等、サービス提供の円滑な実施に努めます。 健康タウン宣言 ふれあいサロンの充実 高齢者の町外医療機関へ通院に要するタクシー代の一部助成「高齢者通院時タクシー等利用助成事業」

4.高齢者の生きがい、健康づくり事業
【主な事業】 高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、保健・福祉・医療・介護等、サービス提供の円滑な実施に努めます。 健康タウン宣言 ふれあいサロンの充実 高齢者の町外医療機関へ通院に要するタクシー代の一部助成「高齢者通院時タクシー等利用助成事業」

水の資源として思川の美しい流れ、緑の資源として思川周辺を中心にひろがりありのままの自然の風景、豊かな歴史を彩る神社・仏閣・近代化産業遺産の資源を守っていきます。 のぎスポレクフェスタの開催 町駅伝大会の開催(約100チーム参加)

5.歴史文化・スポーツ振興事業
水の資源として思川の美しい流れ、緑の資源として思川周辺を中心にひろがりありのままの自然の風景、豊かな歴史を彩る神社・仏閣・近代化産業遺産の資源を守っていきます。 のぎスポレクフェスタの開催 町駅伝大会の開催(約100チーム参加)

明治の近代化に伴い日本の煉瓦建築を支えた野木町煉瓦窯は、赤煉瓦焼成用のホフマン式輪窯。 現存するホフマン窯の中では唯一原型をとどめており、昭和54年(1979年)に国の重要文化財の指定も受けています。 町のシンボルとして保存に努めています。

6.野木町煉瓦窯保存事業
明治の近代化に伴い日本の煉瓦建築を支えた野木町煉瓦窯は、赤煉瓦焼成用のホフマン式輪窯。 現存するホフマン窯の中では唯一原型をとどめており、昭和54年(1979年)に国の重要文化財の指定も受けています。 町のシンボルとして保存に努めています。

町の将来を考え、働く場の確保と定住人口を増やすために、「野木第二工業団地」を整備し企業誘致を図っています。 農地の集積化と6次産業化に努め、地産地消を推進しています。

7.まちづくり全般
町の将来を考え、働く場の確保と定住人口を増やすために、「野木第二工業団地」を整備し企業誘致を図っています。 農地の集積化と6次産業化に努め、地産地消を推進しています。

栃木県 野木町 基本情報

住所
栃木県栃木県下都賀郡野木町大字丸林571
URL
http://www.town.nogi.lg.jp/page/page000229.html
TEL
0280-57-4116

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス