• きょうとふ
  • きょうたんばちょう
  • 京都府
  • 京丹波町
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

「まちづくりは人づくり」の考えのもと、まちの未来をひらく人を育てていきます。0歳から高校卒業までの医療費助成など子育て世代の経済的負担の軽減、妊娠・出産期から子育て期にわたる切れ目のない総合的な相談支援体制づくりなど子育て環境の充実を図ります。 また、次代を担う子どもたちが、健やかでたくましい心と体をはぐくむことができるように、学校と地域が連携した教育を行い、将来に向かっていきいきと学べる教育環境づくりを進めます。 さらに、多様な学習内容や機会を提供し、町民の人権意識の高揚や生涯学習・スポーツの推進、あるいは地域に息づく民俗芸能の継承や文化財保護の推進を図るなど、人間性豊かで創造性をはぐくむまちをめざします。

1.未来をひらく人を育てるまちづくり
「まちづくりは人づくり」の考えのもと、まちの未来をひらく人を育てていきます。0歳から高校卒業までの医療費助成など子育て世代の経済的負担の軽減、妊娠・出産期から子育て期にわたる切れ目のない総合的な相談支援体制づくりなど子育て環境の充実を図ります。 また、次代を担う子どもたちが、健やかでたくましい心と体をはぐくむことができるように、学校と地域が連携した教育を行い、将来に向かっていきいきと学べる教育環境づくりを進めます。 さらに、多様な学習内容や機会を提供し、町民の人権意識の高揚や生涯学習・スポーツの推進、あるいは地域に息づく民俗芸能の継承や文化財保護の推進を図るなど、人間性豊かで創造性をはぐくむまちをめざします。

町民一人ひとりが健やかで、安らぎのある暮らしを送ることができるよう、地域包括ケアシステムの構築により、子どもから高齢者までの全ライフステージにおける様々な地域課題を解決する福祉基盤づくりをめざします。 また、コミュニティ(地域社会)は、町民の様々な活動を支える基盤として重要なものであるため、地域コミュニティの活性化を図り、人と人、地域と地域のつながりを深め、地域で共に支え合い、助け合う社会の実現をめざします。 犯罪、交通事故、消費生活、消防・救急、防災などに必要な対策を講じ、町民と協力して、だれもが安心・安全に暮らせるまちをめざします。

2.安心・安全なまちづくり
町民一人ひとりが健やかで、安らぎのある暮らしを送ることができるよう、地域包括ケアシステムの構築により、子どもから高齢者までの全ライフステージにおける様々な地域課題を解決する福祉基盤づくりをめざします。 また、コミュニティ(地域社会)は、町民の様々な活動を支える基盤として重要なものであるため、地域コミュニティの活性化を図り、人と人、地域と地域のつながりを深め、地域で共に支え合い、助け合う社会の実現をめざします。 犯罪、交通事故、消費生活、消防・救急、防災などに必要な対策を講じ、町民と協力して、だれもが安心・安全に暮らせるまちをめざします。

京丹波町の豊潤な大地と水によって形成され、先人が築き上げてきた森林や食を活かした産業の活性化、起業促進、新産業の創出などを図り、人(主体)が集まり、モノ(地域資源)を活用し、カネ(資金)を地域内に循環させる取り組みを進めます。 地域ブランドの確立等による農林水産業の育成・振興と地域生活に根ざした商工業の活性化、都市との交流の活発化などを図ることで、新たな魅力の創出等にも努め、交流とにぎわいのある活力に満ちたまちをつくっていきます。

3.魅力ある産業をはぐくむまちづくり
京丹波町の豊潤な大地と水によって形成され、先人が築き上げてきた森林や食を活かした産業の活性化、起業促進、新産業の創出などを図り、人(主体)が集まり、モノ(地域資源)を活用し、カネ(資金)を地域内に循環させる取り組みを進めます。 地域ブランドの確立等による農林水産業の育成・振興と地域生活に根ざした商工業の活性化、都市との交流の活発化などを図ることで、新たな魅力の創出等にも努め、交流とにぎわいのある活力に満ちたまちをつくっていきます。

丹波高原に広がる豊かで美しい自然・生活環境を良好な状態で保全し、自然を愛し自然と共に生きる緑豊かな農山村として魅力を高めながら次代へ引き継いでいきます。 また、河川の整備や山林・林道の保全など、治山・治水事業を推進し、町民の生命と財産を守る取り組みを推進します。

4.豊かで美しい環境を守るまちづくり
丹波高原に広がる豊かで美しい自然・生活環境を良好な状態で保全し、自然を愛し自然と共に生きる緑豊かな農山村として魅力を高めながら次代へ引き継いでいきます。 また、河川の整備や山林・林道の保全など、治山・治水事業を推進し、町民の生命と財産を守る取り組みを推進します。

食・農・森林関係など地域の風土や資源に立脚した企業や基幹産業の補強が図られる企業誘致を行い、町の基幹産業である農林業の振興及び雇用機会の創出を図り、人材の地域定着につなげます。 また、道路・河川、道路交通網の整備や上下水道事業の健全経営による快適な住環境づくりを図るとともに、新たな移住者の住まいの確保や情報通信基盤の充実に努め、利便性の高い生活環境づくりをめざします。

5.人が暮らす、集う、定住・交流の基盤づくり
食・農・森林関係など地域の風土や資源に立脚した企業や基幹産業の補強が図られる企業誘致を行い、町の基幹産業である農林業の振興及び雇用機会の創出を図り、人材の地域定着につなげます。 また、道路・河川、道路交通網の整備や上下水道事業の健全経営による快適な住環境づくりを図るとともに、新たな移住者の住まいの確保や情報通信基盤の充実に努め、利便性の高い生活環境づくりをめざします。

地域コミュニティの維持は、まちづくりの原点であり、地域住民がいきいきと元気に暮らせる環境整備、自助・共助・互助の醸成につながる活動支援による郷土愛あふれるコミュニティづくりと移住者にとっても住み心地の良い地域づくりを推進します。 住民自治組織、集落連携組織を中心に、旧小学校跡地や町有施設の有効活用を図り、暮らし・交流など住民の生活に密着した機能を集積させる地域拠点の整備を長期的な視点に立って検討し、推進していきます。

6.住民自治と協働によるまちづくり
地域コミュニティの維持は、まちづくりの原点であり、地域住民がいきいきと元気に暮らせる環境整備、自助・共助・互助の醸成につながる活動支援による郷土愛あふれるコミュニティづくりと移住者にとっても住み心地の良い地域づくりを推進します。 住民自治組織、集落連携組織を中心に、旧小学校跡地や町有施設の有効活用を図り、暮らし・交流など住民の生活に密着した機能を集積させる地域拠点の整備を長期的な視点に立って検討し、推進していきます。

現在の役場本庁舎は建設から約60年が経過し、耐震性能が危ぶまれているとともに、老朽化やバリアフリー化への対応など、さまざまな課題を抱えています。そこで、令和3年6月末の完成をめざして現在、新庁舎の建設事業を進めています。新庁舎の基本理念は、町民の共有財産として、愛され、集い、そして安全、安心を守る要となる『町民のための新庁舎』。防災拠点としての基本機能を設けるとともに、新たな公共施設としてご利用いただく皆様が自由に利用いただける町民交流エリアを設けます。豊かな山々がはぐくんだ京丹波町産木材を活用し、「木のぬくもり」「やすらぎの空間」など木の良さをアピールした京丹波町らしい新庁舎をめざしています。

7.新庁舎建設事業
現在の役場本庁舎は建設から約60年が経過し、耐震性能が危ぶまれているとともに、老朽化やバリアフリー化への対応など、さまざまな課題を抱えています。そこで、令和3年6月末の完成をめざして現在、新庁舎の建設事業を進めています。新庁舎の基本理念は、町民の共有財産として、愛され、集い、そして安全、安心を守る要となる『町民のための新庁舎』。防災拠点としての基本機能を設けるとともに、新たな公共施設としてご利用いただく皆様が自由に利用いただける町民交流エリアを設けます。豊かな山々がはぐくんだ京丹波町産木材を活用し、「木のぬくもり」「やすらぎの空間」など木の良さをアピールした京丹波町らしい新庁舎をめざしています。

「健康の里づくり」に向けて、上記の事業を含め、太田昇町長が必要だと判断するものについて活用させていただきます。 太田町長がめざす「健康の里づくり」とは、第一義には町民お一人おひとりの健康。心身ともに健康に暮らせる、文字通りの「健康」です。 そして、2つめが、仕事や家庭、自分の時間とのバランスがとれ、収入や仕事など生活を維持するために必要な環境が整っているなど「生活面での健康」です。 最後に3つめが、他人に必要とされ、何らかの役割やいきがいを持ち、社会の中に居場所があると感じられる「社会的な健康」です。 この3つの「健康」がそろった状態を、町民お一人おひとりが実感できるまちづくりの実現をめざしています。

8.町長に一任
「健康の里づくり」に向けて、上記の事業を含め、太田昇町長が必要だと判断するものについて活用させていただきます。 太田町長がめざす「健康の里づくり」とは、第一義には町民お一人おひとりの健康。心身ともに健康に暮らせる、文字通りの「健康」です。 そして、2つめが、仕事や家庭、自分の時間とのバランスがとれ、収入や仕事など生活を維持するために必要な環境が整っているなど「生活面での健康」です。 最後に3つめが、他人に必要とされ、何らかの役割やいきがいを持ち、社会の中に居場所があると感じられる「社会的な健康」です。 この3つの「健康」がそろった状態を、町民お一人おひとりが実感できるまちづくりの実現をめざしています。

京都府 京丹波町 基本情報

住所
京都府京都府船井郡京丹波町蒲生八ツ谷62番地6
URL
http://www.town.kyotamba.kyoto.jp/contents_detail.php?frmId=2919
TEL
0771-82-3800

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス