北海道 剣淵町 (ほっかいどう   けんぶちちょう)

アルパカの毛

「アルパカの毛(5g)+ポストカード1枚+アルパカのエサ(エサは送りません)」のセットです。 返礼品「アルパカのエサ」でアルパカ達に美味しいエサをあげたいけど、アルパカを身近に感じられるちょっとした何かが欲しい…という声にお答えしました! 返礼品として使用できる金額分からアルパカ牧場にエサ代として約2/3をお渡しし、約1/3で「アルパカの毛(少量)+ポストカード」をお送りします。 ※普通郵便で封筒に入れてお送りしますのでペチャンコになります。手でほぐしていただければ、ふわふわ感が楽しめます。  郵便事故で届かない場合が想定されますので、一ヶ月たっても来ない場合はお手数ですがご連絡ください。 返礼品「アルパカのエサ」について 剣淵のアルパカは基本的には牧場で管理している草を食べていますが、冬季は地表が深い雪で覆われるため牧草を購入しており、その購入代金に充てさせていただきます。 VIVAアルパカ牧場のスタッフに代わり、心からお礼を申し上げます。

3,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
アルパカの毛(5g)、ポストカード1枚

写真
アルパカの毛は飾ってアルパカを感じるのも良し!
ふわっふわの手触りを楽しむのも良し!
丸めて瓶に入れて飾ると可愛い!
アクセサリーを作るのもいいですよ!
ポストカードを眺めながらアルパカを身近に感じてください!
毛の色は白、茶、黒、グレー、ベージュの5種です!
(毛の色は選べません。ご要望が多かった場合は選択できる方向に調整します)

写真
100均などで売っている羊毛フェルト用の針でチクチクすると簡単に固い球体ができます。
糸を通せばあっという間にストラップにできますよ!
これまた100均に売っているストラップ用金具を通せば、ハンドメイドのお店で売っているようなストラップの完成!

写真
針を使うのはちょっと…という方には、石鹸をつけた手で丸めるのもおすすめです!針で刺すよりは柔い球体になりますが、ストラップにできる固さの球体ができます。
巣ごもりのこの時期にお子さまとご一緒にどうですか?

1.石鹸をつけた手でアルパカの毛を丸める。
2.丸めた毛についた石鹸を崩れないように洗い流す。完成!

写真

~アルパカの毛を出荷するまでの道のり~
1.アルパカの毛刈りをします(写真)
2.アルパカの毛のごみを手で取ります(写真)
3.アルパカの毛をブラッシングします(写真)
4.アルパカの毛を洗います。干します
5.アルパカの毛の細かいごみをとります
6.アルパカの毛を5gずつ小分けにして袋に入れて完成です!

写真

四季を通じて、自然を感じられるVIVAアルパカ牧場。
アルパカと触れ合えるだけではなく、山頂からの眺めも楽しめる自然豊かな環境です。
斜面はアルパカの好きなクローバーやお花でいっぱいになりますので是非摘んであげてください。
夏は山頂の秘密基地でコーヒーとおやつをどうぞ。運が良ければ雲海も見れます。剣淵川ではのんびりと川下りもできます。
冬はパウダースノーを満喫!エアボードの専用ゲレンデがあり、必要なものは全てレンタルできるので手ぶらでお越しください。
年中アルパカの毛を使った製品やアルパカの雑貨を販売しています。喫茶店は土日のみ営業。大人も子供も楽しめる施設です。

〒098-0341
北海道上川郡剣淵町東町3733番地 旧ビバカラススキー場跡
絵本の里剣淵町 ビバアルパカ牧場 VIVA ALPACA FARM
TEL/FAX:0165-34-3911
HP:http://www.viva-alpaca.jp/(上や下の写真をクリックすると牧場のHPに飛びます)

写真

2007年、剣淵町営の「びばからすスキー場」が閉鎖しました。

剣淵町の子供達は皆ここでスキーを覚えました。
自分の背丈よりも長いスキーを背負い息も凍りそうな雪山の上で親兄弟から滑り方を教わりました。
自由に滑れるようになるとお小遣いを握りしめ友人とリフトに乗りました。
大人になった町民達は親の姿を思い出しながら自分の子供達に教えました。
ですがそんな日々は終わりを告げました。
急速に荒地となっていくスキー場を見続ける町民は寂しさを抱えていました。

閉鎖したスキー場にアルパカ牧場を作ろう

絵本の里活性化研究会のメンバーが「絵本とアルパカの町づくり」へと動き始め、剣淵町の一大プロジェクトとなったアルパカの飼育は北海道でも初の試みとなりました。
アルパカを飼育している道外の牧場、アルパカの原産地であるペルー国、そしてアルパカに触れたいというファンの手によって「VIVAアルパカ牧場」は生まれました。
訪れる毎にアルパカ牧場は変わっていきます。
白い柵が眩しいふれあいデッキが作られ、山頂には町を一望できる山小屋が建ちました。
令和元年度にはクラウドファンディングによってアルパカのための日除けスペースが完成しました。
目がくらむ程眩しかった雪原のスキー場の姿はもう見ることはできません。
だけど今は、アルパカと子供達の明るい声があふれる優しく温かい風景が広がっています。

写真

アルパカは、南米ペルーの3500メートル以上の高原地帯に生息するラクダ科の動物です。毛を利用する為に放牧されています。基本的には年に一度、毛刈りをします。歯は下にしかなく、草やコケを好んで食べます。寒さに強く、剣淵の雪も大好物。寿命は、15~20年くらいと言われています。
クリックリの大きな目、長~いまつげ、きゅっと上がった口角。会う人を幸せにする笑顔を見せるアルパカ達。1頭1頭個性も豊かで、飽きることがありません。
アルパカは唾をはく動物ですが、この牧場にいるアルパカ達は喧嘩以外で唾をはくことはありません。安心して一緒にくっついてハグしていただけます。
直接触れ合うからこそわかる毛のもふもふ具合を、多くの方に楽しんでいただきたいです。

2018年9月21日に生まれたアルパカの赤ちゃんがはじめてお外へ出た時の映像です。
VIVAアルパカ牧場ではこの場所に入って可愛いアルパカたちにハグすることができます!

ビバアルパカ牧場公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYlEQnd0D7nOOZTZG_F0DEw

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス