北海道 遠別町 (ほっかいどう   えんべつちょう)

【全国温泉総選挙2019 第2位】旭温泉利用券①

周りを山と木々に囲まれ、木造りの外観が秘湯の雰囲気漂う温泉宿です。 浴室は清潔で露天風呂も完備。泉質には定評があり、地元住民から遠隔地のお客様まで、くつろぎの場として親しまれています。 体を芯まで温める、オレンジ色の湯「旭の湯」とつるつる美肌効果のある黒褐色の湯「富士見の湯」の2つの泉質が楽しめます。 大手口コミサイトにおいても高い評価を得ています。 ※全国温泉総選挙2019 リフレッシュ部門 第2位 ※全国温泉総選挙2018 リフレッシュ部門 第4位 ※北海道じゃらん 5.0評価のなかで 口コミ評価「4.8」 ※北海道じゃらん 温泉宿泊満足度ランキング2019  30位

10,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
※3000円分の利用券となります。 ※申込みから、2年間有効です。

温泉総選挙2018 リフレッシュ部門 第4位!

写真

温泉総選挙2018 リフレッシュ部門で第4位になりました。全国のみなさまに応援いただきありがとうございます。
2つの湯(旭の湯と富士見の湯)を楽しめ、癒されるという声を多くいただきました。
みなさまのご来館をお待ちしています!

★温泉総選挙 2019では、リフレッシュ部門 第2位になりました!

写真
写真

遠別町 ふるさと納税への想い

写真
【遠別町 ふるさと納税への想い】

北海道 遠別町は人口2600人の小さな町です。このふるさと納税への取組みをはじめたきっかけは「遠別農業高等学校の存続、活性化」への想いからはじまりました。
全校生徒60数名と少ない高校ですが、様々な取組みを行っています。このふるさと納税を通じ、農業高校の活動・魅力を広く全国のみなさまに知っていただきたく、一生懸命がんばっています。
4年前の入学者数が14名と高校存続の危機となりました。その後、ふるさと納税の取組みを中心に高校のPRを展開し、3年前は2名増の16名、2年前はさらに2名増の18名、そして昨年は26名と北海道以外から入学される方も数名いました。
本年は22名、うち北海道以外の方が1名の予定で取組みの成果がでている状況です。
また、生徒数が増えていることにより、高校独自の取組みが少しずつ活発化しています。

小さな町の高校存続は、地方創生実現に向けての大きな課題です。高校が町からなくなると、若い世代が少なくなり、住民への不安感や地域経済が低下します。

これからも、ふるさと納税を通じた「町のプロモーション」、そして「人のつながりを大切にする」取組みから、「地域の課題解決」に向かっていきたいと思っております。

北海道 遠別町へのご支援とご協力をどうぞ、よろしくお願いいたします。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス