青森県 弘前市 (あおもりけん   ひろさきし)

ペーパーナイフ(こぎん刺し鞘付)

江戸時代から350年続く刀鍛冶の伝統を受け継いだ職人により、一本一本丁寧に作られている「津軽打刃物」のペーパーナイフ。 刀をイメージしたペーパーナイフは、一見まっすぐに見えますが、背中に繊細なカーブがあり、力を加えやすいデザイン。 また、イメージに沿ったシャープな刃を付けております。 伝統工芸品「こぎん刺し」の鞘は、ふるさと納税オリジナルの配色です。 ※受注生産となるため、発送まで2~3ヶ月程度を要しますので、ご了承ください。 ※商品改良の為、仕様が変わる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

50,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
1本 【ペーパーナイフ】素材:ステンレス  サイズ:全長約20cm、幅約0.9cm 【こぎん刺し鞘】地:グレー、糸:水色

津軽藩より作刀を命じられて以来、350年の伝統を受け継ぐ刀鍛冶の名門・二唐刃物鍛造所では、二唐刃物の伝統と技術を楽しんでいただこうとペーパーナイフを作っています。

ペーパーナイフは紙の折り目に沿ってまっすぐ切ることのできる道具です。また、段ボール小包などの開梱にも、強度のあるステンレス素材のペーパーナイフは適しています。

津軽打刃物(つがるうちはもの)

写真
平安時代、津軽地方では大規模な製鉄が行われており、江戸時代、弘前には100軒以上もの鍛冶屋があったと言われています。
現在、江戸時代から続く鍛冶の伝統的技術を受け継いできた職人たちが、包丁や剪定ばさみなどを作っています。

伝統的な「火造り」(小槌で叩きながら形状を整える技術)や、「土置き」などの焼入れ技術により、優れた切れ味と耐久性に富み、折れず曲がらず欠けない刃物を生み出します。
りんご産業には欠かすことができない、摘果・枝きり用の剪定ばさみも高い品質を誇っています。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス