山形県 天童市 (やまがたけん   てんどうし)

02A4110 寒中挽き抜きそば(20人前)

提供 天童市麺類食堂組合 天童市は、宮城白石・福島須賀川と並ぶ東北3大乾麺の産地として栄えました。そんな天童市からお届けする"寒中挽き抜きそば"は、織田信長公の子孫である出羽国村山郡天童在所第11代藩主織田信学公が東北・北海道地方で唯一将軍家に献上した寒中挽き抜き蕎麦を再現した商品です。味や香り、食感が損なわれにくいそば粉を1月の寒中に製粉しています。これを年中お召し上がりいただけるようにしたのが、寒中挽き抜きそばの乾麺です。 旧コード[31A4110 / 31A4010]

12,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
乾麺(200g×5束×2箱)

事業所のご紹介

天童市麺類食堂組合

天童市麺類食堂組合

江戸時代末期、当時の出羽国村山郡天童在所二萬石を織田信長公の子孫で第十一代藩主織田兵部少輔信学がその領地を治めておりました。当時、天童は「そば」の栽培が盛んであり藩主がこれを特産品として、東北・北海道地方で唯一将軍家に献上したのが「寒中挽き抜きそば」であると「大成武鑑時献上」に記されております。このいにしえを再現すべく天童市内在住の組合一同「寒中挽き抜きそば」の名称の由来をさぐり、1月の寒中に製粉したそば粉を使用してそばを打ったものであることが判明しました。

幸いにして織田信長公の御祭神が当地の「建勲神社」がその一つであり、そばを奉納し奉告祭を営み再現となりました。天童織田藩献上そばの文献に基づき研究開発された天童オリジナルそばを是非ご賞味ください。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス