山形県 山辺町 (やまがたけん   やまのべまち)

《先行予約》sunnyfarm小関 2022年産山形県産 はえぬき 玄米 30kg F21A-209

肥沃な大地に恵まれた「自然の力」と、幾年もの「人の想い」を米に宿らせることが、サニーファームの独自理念です。 こだわりを持って安心安全を心掛け、美味しさにこだわった「はえぬき」をお届けします。 ※2022年産米になりますので、お届けは2022年10月中旬からになります。 ※高温、多湿を避け、直射日光の当たらない所で保管してください。到着後出来るだけ早めにお召し上がりください。 【株式会社サニーファーム小関】 平成31年3月に株式会社サニーファーム小関となりました。 昔から農業を生業とし、近年規模を拡大してきました。 土づくりにこだわり、微生物による土壌有機物の分解促進を促す「うまみの素ワーコム」を施し、農薬の削減や有機質肥料の施用など安心安全な米作りに努めています。 ※画像はイメージです。 ※パッケージが変更になる場合がございます。

20,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
はえぬき 玄米 30kg(30kg×1袋)

豊かな自然環境が生み出す、やまのべのお米

写真

山形盆地の南西側に位置する山辺町。
東から太陽の光が燦々と降り注ぎ、豊かな森林に点在する湧水、山形盆地の中央部に流れる最上川など、清らかで豊かな水源にも恵まれています。
さらに、盆地特有の昼夜の寒暖差と夏と冬の寒暖差が、おいしいお米を生み出す好条件となっています。

ただ自然環境が豊かなだけでは、おいしいお米はできません。そこには、人の手が必要です。
山辺町では、微生物のはたらきで農薬や化学肥料の使用を抑制した米づくりを、平成8年頃から実施。
ほかにも農薬と化学肥料の使用を半分以下にした特別栽培米「つや姫」の栽培も行われるなど、有機肥料を積極的に用い、土本来がもつ力を高める環境にやさしい米づくりが盛んです。

この生産者の努力が、おいしく安全な「やまのべのお米」をつくっているのです。

土づくりからこだわった、山辺の〈はえぬき〉

「土づくりを怠らず、農薬を極力使わずに、おいしくて安全なお米を」
「ひとりでも多くの方に『おいしい』と笑顔になってもらいたい」
そんな生産者の想いでつくられているのが、山辺町産の〈はえぬき〉です。

〈はえぬき〉は平成4年にデビューした山形のブランド米。
「コシヒカリ」「ササニシキ」「あきたこまち」の美味しさを受け継ぎ、味・香り・見た目・食感・粘り気がよく、食べ飽きることがない“お米の優等生”です。

最大の特徴は、冷めてもおいしいこと。
炊きたてはもちろんですが、冷めても食味が落ちないので、コンビニのお弁当やおにぎりなど業務用としても重宝されています。

「毎日おいしいお米が食べたい」「家族みんなが喜ぶお米が食べたい」という方に、オススメです!

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス