茨城県 水戸市 (いばらきけん   みとし)

創業130年老舗の味!国産大豆使用 天狗納豆詰め合せ

当社が厳選した国産大豆100%使用の納豆詰め合せです。 水戸納豆を代表するわらつと納豆をはじめ、 上品な味わいの黒豆納豆や当社お勧めの地元茨城で育った小粒大豆使用の納豆をご堪能ください。 <お届け日時指定について> オンライン決済以外の場合、入金確認にお時間をいただくため、お届け日時指定をいただいてもご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。

16,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
特選わらつと納豆(70g入り)4本 丸カップ入り納豆(50g×3個)2個 常陸の小粒(40g×2)3個 地大豆(40g×2)3個 黒豆納豆(70g×2)2個

写真

「のれんを消してはいけない」

元祖水戸納豆の伝統をベースにアイデアでヒットを生み出す笹沼五郎商店

 水戸光圀公出生の地である茨城県水戸市。水戸駅より徒歩5分ほどにある株式会社笹沼五郎商店さんは、2022年で創業132年をむかえる老舗の納豆屋さんです。なんとこの笹沼五郎商店さん、水戸納豆の元祖というとても歴史のあるお店なのです!

写真

水戸納豆の伝統を守る心意気

 工場と店舗を兼ねた建物の中には「納豆展示館」があり、笹沼五郎商店さんの歴史や納豆のマメ知識などのさまざまな展示で来場者を楽しませてくれます。
 
お店のこだわりは、稲わらに大豆を詰めて発酵させる伝統的な製法の「わらつと納豆」!
現在わらつと納豆を販売しているのは、全国でも水戸市とごく一部だそうで、伝統を守る心意気がうかがえます。

 今回お話をうかがった笹沼寛(ささぬまひろし)さんは、この会社の5代目社長になります。前職の営業職から一転してご自身の家業を継ごうと決めたのには、「伝統あるのれんを消してはいけない」という強い気持ちがあったからだと語ってくれました。

写真

伝統を守りながら、売り場に応えるアイデアでヒット商品を開発

 25歳で笹沼五郎商店へ就職した寛さんは、下積みとして一から仕事を学びながら、自主的に営業活動も行っていきます。前職では賞をとるほど優秀な営業成績を収めていた寛さんは、売上に貢献するべく日本各地を飛びまわり、自社商品の販路拡大に奔走。都内大手百貨店へ商品をおろすことに成功します。

 売上を拡大させ、2011年に社長に就任してからも営業活動を続ける寛さん。伝統を守りながらも、今の売り場の声に耳を傾けることでヒット商品を生み出していきます。寛さんが開発した商品は、今では会社を代表する看板商品になっています。

 筆者がおもしろいと思った商品は、あえて「USA大豆100%」とパッケージに書かれた商品「天狗の小粒」です。寛さんのユニークな一面が垣間見えて、とても惹かれました。小粒でしっかり歯ごたえもあり、とても美味しかったです。

写真

こだわりぬいた納豆の「ちがい」を感じてもらいたい

 商品開発も自らの手で行うそうで、社長業・営業・商品開発の3足のわらじを履いているという事実に筆者は驚きを隠せませんでした。今日にいたるまで、想像もしえない苦労があったはずですが、笑顔を交えながら話す姿がとてもまぶしく感じました。

 そんな寛さんの目標は、「こだわりの水戸納豆の認知度をもっと向上させること」だそうです。返礼品を通して、こだわりぬいた納豆の「ちがい」を感じてもらいたいと話す寛さんの目は、革新を続けながら伝統を守る情熱に溢れていました。

写真
写真

「株式会社笹沼五郎商店」その他ラインナップ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス