栃木県 佐野市 (とちぎけん   さのし)

<佐野餃子(中)野菜餃子(1個27g)24個4人前>×2袋 <離島・沖縄県不可>【1104104】

考えられる限りの手間を掛けています。 餃子の中でお鍋料理を作っているイメージです。 ざく切り野菜でありながら角を感じさせない、滑らかな舌触りも、時間と手間を掛けた本物の証です。 振られた悲しみや寂しさも、一瞬で忘れさせる美味しさです。 佐野餃子で幸せを感じて下さい。 ・野菜餃子のご紹介 野菜餃子はすべてのバランスを考えて作っております。肉好きの人にとってもベストの餃子と考えております。 ■生産者の声 佐野餃子(中)1個27gの中身(アン)は佐野餃子(大)1個70gと同じ中身(アン)です。佐野餃子(大)が大きすぎて、箸でつかむのがつらいなど、重過ぎて、ずり落ちてしまうというご意見を伺って、軽い佐野餃子(中)1個27gを作りました。 軽いと申しましても、一般的に20gを超えた餃子は、ラーメン屋さんが「うちのは大きいよ」と言うはずです。蒸し時間が長いと感じるかも知れませんが、中は8分間、蒸して下さい。時間を計らなかったり、蒸し時間が不足かなと感じましたら、アンの中の生肉に火が通っていないかも知れませんので、もう一度、焼いて下さい。 永華では佐野餃子を一生懸命に作っております。是非とも、失敗しない様に焼いて戴けたらと願うものです。 ■注意事項/その他 ・美味しいギョーザの焼き方(佐野餃子) 【解凍せずに焼いて下さい】 1.フライパンを温め、隙間を空けて、冷凍のギョーザを並べます。 2.熱湯をギョーザの半分の高さまでかけ、ふたをし、8分間ほど蒸します。 3.水気が無くなったら、油を入れ、もう一度ふたをします。 4.焦げ目がついたら出来上がりで、焦げ目を上にして盛り付けます。 【焦げ目の見分け方】 ギョーザについた小麦粉がフライパンの表面に付き、 その小麦粉の焼けた色で見分けます。 ※画像は調理イメージです。

5,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
■内容量/製造地 野菜餃子(中)1個27g×24個入り×2袋 (製造地:栃木県佐野市) ■原材料 ・野菜餃子 野菜(キャベツ(国産)、ニラ、ニンニク)、皮(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、/アルコール)、豚挽肉、豚脂、ごま油、しょうゆ、食塩、こしょう、でん粉、ラー油、/調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・豚肉・ごま・大豆を含む)

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス