埼玉県 川口市 (さいたまけん   かわぐちし)

埼玉県川口産 桐箱入り十二支ベーゴマ 筆文字干支ベーゴマ12個 ヒモ1本 説明書1枚【1084320】

ベーゴマは平安時代に、京都の周辺ではじまったといわれており、当時は「バイ貝」という貝ガラに「砂」や「粘土」をつめて、それを子供がヒモで回したのが始まりといわれています。 「ベーゴマ」という名前も関東に伝わってから「バイゴマ」がなまって「ベーゴマ」になったといわれており、関西では今も「バイ」または「バイゴマ」と言われています。現在のベーゴマとは、鉄製の心棒のないコマのことです。ベーゴマは、昭和20年代~30年代にかけて、子供たちの遊びの主流でしたが時代の流れとともに、「製造する鋳物工場」も減少しつづけ、現在、唯一残ったベーゴマ専門工場が、鋳物の町川口にあります。 『桐箱入り十二支ベーゴマ』は、その専門工場が製造した品物です。 ※2016年3月1日 産経ニュースより ■生産者の声 独楽は昔から、物事が上手く回りますようにと縁起物として、贈り物やお飾りとして親しまれてきました。ベーゴマは年齢性別に関係なく対等に勝負が出来ます。そのため、年々ファンの方が増えてきています。 川口市では、毎年全国ベーゴマ選手権大会が開催されています。下は4歳から上は80歳以上の方までが全国各地から参加されています。自分でヒモを巻いて廻せれば、誰でも参加できます。是非チャレンジしてみてください。 ■注意事項/その他 ・ベーゴマを廻す時は、人やガラスや物にぶつけないように、注意して遊んで下さい。 ・ベーゴマを口に入れたり、飲み込んだりしないで下さい。 ※画像はイメージです。

20,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
■内容量/原産地 十二支ベーゴマ 12個 原産地:埼玉県川口市 桐箱 ヒモ 説明書 ■原材料 ・ベーゴマ:鋳物(タングステンカーバイト、ケイ素、マンガン、リン、硫黄) ・桐箱:桐 ・ヒモ:木綿

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス