埼玉県 羽生市 (さいたまけん   はにゅうし)

藍染め綿シーツ 沙羅

藍染め綿シーツ 沙羅 天然発酵建て藍で糸から染めた綿100%のシーツ サイズ:約250cm×約148cm 心地よい肌触りが身体を包み込み、藍の効能と爽やかな香りが安らかな眠りへと誘う藍染めシーツ「沙羅」。 抗菌防臭効果が高く、清潔さを保つので、お洗濯の回数も少なくて済みます。 夏は汗を素早く吸収しサラサラ。冬はひんやり感を和らげポカポカ。 ソファ用マルチカバーとしてもOKで、リバーシブルで使えます。 事業者:野川染織工業株式会社

44,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量

単なる工業製品とは違う。郷土の愛を胸に。

写真

「野川の藍は色合いも肌触りも他と違う」。そんなお客様の声をよくいただきます。その最大の要因は機械化された数値ではなく職人が染まり具合そのものを見極めながらひと綛ひと綛と真摯に向き合っているから。浸けるたびに変わりゆく色合いは、糸がまるで生きているようです。

染、織、縫、そして商品化まで一貫体制を貫く

藍に染まった糸を巻き直す

写真
かせ状で染められた糸は織布のためにチーズ状に巻き直します。
先染め織物は後染めに比べ桁違いの労力を要します。

シャトル織機が今も現役で活躍

写真
発酵建ての藍染め糸は頑固者。
無骨で一徹なシャトル織機が今も現役で活躍しています。

ベテランの縫製・仕上げ職人の手を経て、お客様のお手元へ

写真
商品の用途やデザインに応じて、正確かつ軽やかな断裁技を見せる職人たち。
そのすぐ隣では、いつも心地よいミシンの音が響いています。

100年の伝統を守る野川家

写真
野川染織工業は、埼玉県北部において、伝統の技を今も受け継ぐ数少ない紺屋のひとつ。1914年、現・代表の曾祖父が「喜之助紺屋」を創業したのがその起源で、今日までおよそ一世紀・4代にわたって武州正藍染を守り続けています。一着一着に丹誠込めて作る想いは、当時となんら変わりません。伝統の技を継承しつつ、現代のライフスタイルに合った新しい商品開発にも積極的に取り組んでいます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス