千葉県 富津市 (ちばけん   ふっつし)

◇アタ製品 アタバッグ360(皮取っ手:ブラウン)

〈数量限定〉 バリ島トゥガナン村の伝統工芸品を富津市にあるアジア雑貨Shop SOAがオリジナル加工! 富津市の職人が1つ1つ皮製の取っ手を付け、高級感のあるスタイリッシュなアタバッグに仕上げました。どんな装いにも合う、手提げタイプです。また、巾着部分もSOAオリジナルデザイン。財布などに傷が付かず安心! ポケット付きで携帯電話や鍵などを入れるのに便利です。A4サイズの雑誌などが入る、少し横長の大きめサイズなので、荷物が多い方は重宝するサイズかと思います。

66,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
数量限定 サイズ:幅35cm×奥行き11cm×高さ22cm(取っ手までの高さ15cm) 巾着:ナチュラル、皮取っ手:ブラウン 1個 ※すべて手作りのため、大きさ・形・色合い・模様が多少異なる場合があります。 ※巾着は本体に付いているタイプのため取り外しできません。

「アジア雑貨Shop SOA」からのメッセージ

東南アジア諸国でよく見られるカゴ製品。

その中でも、細かく裂かれたアタを用い、丁寧にかつ繊細に仕上げられるバリ島トゥガナン村のアタ製品は、他のカゴとは一線を一線を画した、クオリティーの高い一級品として知られています。網目の細かいハイクオリティーは、まさに芸術品!

高級感がありつつ、手作りの温かさを持つバリ島のアタかごは、私たちの暮らしを素敵に演出してくれます。

ただ置いておくだけで…その場所が洗練された空間に。是非、アタのある生活を送ってみてください。きっと、満たされた日々を送られることと思います。

厚みのあるしっかりとした皮取っ手は、富津の職人が付けています

アタバッグが日本に到着してから、良いバランスを確認し、富津市で職人がひとつひとつ丁寧にカシメで革取っ手をお付けしています。手作りのアタ製品の歪み等を考慮しながらバランス良く付けるところは、日本の職人ならではの細やかな心遣いです。
厚みのあるしっかりとした革取っ手なので、バッグが持ちやすくなる上に、高級感や存在感もアップ!

写真
写真

SOAのアタが特別なワケ

★アタ製品で有名な、バリ島トゥガナン村。現地にある物をただ仕入れるのではなく、店主姉妹が自ら設計し、商品個々に用途を持たせ、ご使用いただくシーンを提案いたします。アタに真鍮取っ手を付けている日本唯一のショップです。

★クオリティーチェックも双方での厳しいダブルチェック。ご満足いただける品質の商品のみを提供してまいります。

★網目・形状・カラー・全体の仕上がり具合など、細部にわたり、厳しくクオリティーチェック。納得のいくクオリティーの商品がオーダー数揃うまで、スタッフが何度でも足を運び、決して妥協はいたしません。

「アタ」とは?

写真
「アタ」とは、バリ島に自生しているシダ科の植物のことです。その茎の部分を乾燥させ、4等分~8等分に細く裂きます。それを職人さんが色々な形に編み込んで、アタ製品ができあがります。

SOAのアタ製品ができあがるまで

1.編む

写真
細く裂かれたアタを編み込んでいくことは、気の遠くなるような作業です。

「編み込む」という表現がピッタリな根気のいる仕事。細いアタの茎は千枚通しのような道具を使って、目をつめながら形を整え編まれていきます。

ティッシュボックスだったら編むだけで3日間掛かるそう(1日の作業時間は8時間)。アタを裂くところから始めれば1週間かかります。

アタを裂くのも大変な仕事なので、現在はアタを割く専門の職人さんがいるほどです。


2.ドライ

写真
天気の良い日に5日間。天気が悪いともっと日数がかかります。

バリ島では雨季があるので、この時期のドライは完全に乾燥するまで日数がかかり大変です。

写真上は天日干しの様子、下は天日干しの途中のものと完成品の色の違い。


3.スモーク

写真
2~3日間、火を絶やすことなく3時間ごとに火の加減をチェックし、製品の燻し具合を見ながら仕上げていきます。

火の調整はデリケートなため、(1)(2)の工程を何度となく繰り返します。

(1)木と椰子の実の皮を燃やし燻す。
(2)火が大きくなりすぎると、1カ所だけ強くスモークしてしまうことになるので、火が強くなりすぎたら、木のクズを水につけて(1)の上に乗せ調節する。

3時間ごとのチェックのため、夜寝るのは夜中の3時くらいになることも!この大変な作業があるからこそ、私たちが愛してやまない、アタ製品独特のスモークの香りと艶のあるアメ色をつくり上げることができるのです。

この工程により他のカゴにはない防虫効果がそなわります。


4.仕上げ

写真
煙のすすが付いてしまった箇所はやわらかいブラシで取り除き、布で優しく拭きます。

ささくれが出ているところはカットをしてきれいに整えます。

写真


5.皮取っ手を取り付けて完成!

写真

富津市の職人が、アタ製品の歪み等を考慮しながらバランス良く皮取っ手を付けて完成です!
高度な職人技、気の遠くなるような工程を経て、多くの人を魅了するSOAのアタ製品ができあがります。芸術品といっても過言ではありません!
  
大昔、先住民バリアガのみに使われていたアタ製品は、今では各国で愛される逸品となっています。そのクオリティーの高さ、本物だけが持つ洗練された飽きのこない雰囲気を大切に、アジア雑貨Shop SOAならではの日本人でも使いやすいアタ製品をこれからも提供していきます。

アジア雑貨Shop SOA

TEL:0439-65-3039
※通常はネット通販のみ

http://www.soa-jp.com/toppage.htm

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス