千葉県 鋸南町 (ちばけん   きょなんまち)

No.037 パッションフルーツ 約1.4kg / 果物 くだもの 新鮮 産地直送 千葉県 特産

※受付を終了しました。 数量限定20セット 太陽のめぐみをいっぱいに受けて育ったパッションフルーツです。芳醇な香りと爽やかな酸味をお楽しみください。 提供:ヤマダパラダイスファーム

10,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
約1.4kg(1箱) 実にシワが出始めたら、食べ頃になります。

【地域おこし協力隊 清水隊員の農家さんインタビュー】

将来は観光農園を通して、多くの人に農業を知ってほしい~ヤマダパラダイスファーム農場長、山田永太郎さんにインタビューしました

写真

専業農家の山田永太郎さん(28)は、小学生のころから園芸や農業に興味を持ち、現在は、千葉県鋸南町で野菜やコメ、フルーツを栽培しています。山田さんが作るパッションフルーツのジャムは、ふるさと納税の中でも品切れになってしまう人気商品です。将来は、農業に関心のある人を呼び、ゆくゆくは「観光農園」を手がけていきたいという山田さんに、鋸南町で農家を営むことや日々の生活について話をうかがいました。

写真

・ヤギを飼いながらの田舎暮らし

写真
1月下旬、山田さんの農園「ヤマダパラダイスファーム」を訪れると、広大な畑にサニーレタスが栽培されていました。収穫時期を迎え、葉先が赤紫色に色づいています。農園の隣にあるのが、山田さんのご自宅。門をくぐると、ヤギが出迎えてくれました。「今、七匹います。草を食べてくれるし、ペット代わりとして飼っています」と話します。

写真
冬のひんやりした空気の中に、やわらかな太陽の光が差し込み、土の香りが漂います。

鋸南町に初めて来たのは、東京に住んでいた高校生のとき。「道の駅きょなんの案内所の女性と一時間くらい話し、その方の人柄がよくて半年に1回は来るようになりました。また、里山や段々畑のある風景がとても気に入り、いつかここに住んでみたいなぁと思ったんです」と話します。

・園芸が好きだった子供時代

園芸に目覚めたのは、小学生のとき。「『小学1年生』という雑誌に、ポケモンに登場するキャラクター、フシギダネを育てようという応募者全員のプレゼントがあったんですが、これがうまく育てられなかったんです。小さな鉢と粗悪な土で植物が育てられないことは当然なのですが、悔しかったのを覚えています。そこから火がつき徐々にのめりこみ、小学校4年生ですでに『趣味の園芸』という雑誌を読み始め、様々な花、野菜、果樹を育てるようになりました」と語ります。

中学校では園芸部に入り、都立園芸高校に進学しました。そのころ、興味の対象が花から野菜に変わり、全寮制の八ヶ岳中央農業実践大学校に進学。2年間、農業を学びました。

・ジャムは種を入れ、独特の食感を

山田さんが鋸南で農業を始めたのは、6年前。
現在、夏はサトイモ、コメ、トウモロコシ、ズッキーニ、パッションフルーツを育て、冬はサニーレタスやキャベツを栽培しています。

写真
パッションフルーツのジャムには、山田さんの工夫やこだわりが凝縮されています。
「種を入れることで、パッションフルーツ特有の食感を表現しています。ときどき、種がオタマジャクシみたいと言われることもありますが…」と話します。砂糖とペクチンを加えるだけで、それ以外の添加物は使用していません。ビンも、取っ手のあるかわいらしいものを採用。「ジャムを食べ終わったあとも、ビンを使ってもらえたらうれしいです」と語ります。

・最初、稲作には手を出そうとは思っていなかったんですが...

さらに、山田さんが最近、力を入れているのはお米づくり。「鋸南町は重粘土質の田んぼが多く、お米を作るのに適した土壌です」と山田さん。「最初、稲作には手を出そうとうは思っていなかったんです。けれど、実際に野菜作りをして地域で生活していると、田んぼを使ってほしいと言ってくださる地元の方も多く、稲作で経営が成り立つなと確信できるほどに田んぼが集まりました」と話します。

写真
また、山田さんは土質をさらに良くするため、工夫をこらしています。
「すべての田んぼでしっかりとプラウをかけています。プラウとは、表面の雑草や稲株などの養分になるものを深い層へ埋め、深い層の土を表層にもってくること。この作業をすることで、土層は空気を含みやすく、排水もよくなり、稲が深くまで根をのばすことができます。お米を育てるのに、より適した土壌を作ることができるんです」と話します。その他にも、魚粕や鶏糞などの有機質肥料を中心とした肥料を使うことにもこだわっています。

山田さんがこれから手がけていきたいのは、農業を法人化し、地元の人や農業を志す人が農業で働ける環境を整えていくこと。また、将来は観光農園として、消費者と直接話しながら、より多くの人に農業について知ってもらう機会を増やしていきたいと言います。

写真
「今、すでに東京・足立区の小学生の農業体験を受け入れています。ただ、『給料はいくらもらっているんですか?』という質問をされて、『農園の代表だから、給料じゃないんだよ』って伝えると、『給料もらえないなんてかわいそう』と子供に言われたりします。農家や農業がイメージしにくい都会の子どもたちに、野菜がスーパーに並ぶ前に、農家があるんだっていうことも伝えていきたいですね」

山田さんの作った野菜やコメは、鋸南町の道の駅「保田小学校」の直売所でも購入することができます。
山田さんの農業に対する情熱。それは、そのまま野菜やコメの「おいしい味」となって結実しています。

写真:地域おこし協力隊 室井翼

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス