山梨県 笛吹市 (やまなしけん   ふえふきし)

【硬質桃6玉】産地で愛される硬い桃!【大玉】

日本一の桃の生産量を誇る山梨県ふえふき市の地元の人たちに愛される 皮ごと食べられる硬くて甘い桃をお届けいたします! ルッチはすべての桃を糖度検査してお届けしています。 硬いのに甘い特別な桃をお楽しみください! ※1~2日程度、冷暗所・常温で追熟させるとある程度柔らかくしてお召し上がりすることもできます。 注意事項 ※沖縄(本島を除く)・離島には配送できません ※発送は常温になります。 ※天候により発送時期が前後しますのでご了承願います。 ※青果物ですので配送日指定が出来ません。あらかじめご了承ください。

18,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
商品番号104-007 ●硬質桃6玉入り 2kg(常温発送) ※沖縄(本島除く)・離島は配送不可 ●申込期日:8/15 ●発送期日:7月中旬~8月下旬頃まで予定 ●事業者:ルッチフルーツデザインスタジオ

ホームページ:https://www.rucci.co.jp

写真

TBS「バナナマンの早起きせっかくグルメ」で紹介

祝インプラント治療完治!
特別企画!全国から厳選!硬くてうまい絶品グルメ大集結「カタうまグルメ」

「うーーまい!! 硬ぇーけどな!!」

【バナナマンの早起きせっかくグルメ!!】特別企画!全国から厳選!硬くてうまい絶品グルメが大集結「カタうまグルメ」

桃は【軟い派】or【硬い派】  あなたはどちら派? 

山梨では桃は【柔らかい or 硬い】どっち派問題があります。

硬い桃を好む農家の子供が指で押して桃を選ぶため、「指の跡」をつけてしまい親に怒られるという桃農家あるある。
実は、私もそんな硬い桃が好きな子供でした。

写真

甘さは皮の下にある

ではなぜ生産地で硬い桃を好まれるのか?

それは桃の一番甘い部分は皮の直下にあり、硬い桃であればリンゴや梨のように違和感なく皮ごと食べられるからなのです。そのみずみずしくさっぱりとした甘さは何個でも食べられるような癖になる美味しさです!皮の周囲が甘い梨を想像していただけると近いかもしれません。朝採りの硬い桃を水で洗って皮ごと食べるのが最高に美味しいという農家も少なくありません。

写真

ではなぜ硬い桃があまり流通していないのか?

硬い状態で収穫→輸送中に柔らかく

桃は樹上で100%完熟させ柔らかくしてしまうと輸送中に高確率で傷んでしまう大変にデリケートな果物です。ですからプロの経験によって輸送中に柔らかくなることを考慮してギリギリまで熟度を上げつつ少し硬い状況で収穫され、柔らかくなって皆様のお手元に届くように発送されているからなのです。そのタイミングは大変に見極めに難しく、それを見誤ると硬くて熟度が足りないものがお手元に届くことになります。これが硬いものは甘くないという認識を生む一つの要因なのかもしれません。

写真

高品質だからこその「硬い美味しさ」

硬ければ美味しいわけではありませんのでご注意!!

果樹栽培に適した恵まれた土地で、桃に命を懸ける桃職人に育てられる高品質な桃だからこそ、硬い美味しさが実現します!

写真
写真
写真
写真

桃は当たりはずれが多いクダモノ

だから収穫・出荷時にしっかりと糖度チェックを行っています

ルッチの糖度基準は14度!!

通常、桃の糖度の目安は12~13度ほどと言われています。しかし桃の味は収穫直前の天候によって大きく左右されます。収穫前の10日ほどの間に晴天が続く場合は糖度が上がりますが、逆に雨が続く場合は甘さが上がりにくくなります。
しっかりと選果していても「当たり外れが多い」といわれるのには、こうした理由があるわけです。

収穫期は大変に忙しくなるために畑の一部の糖度をチェックして、まとめて収穫してしまう場合も少なくありません。
しかし私たちは、収穫時にひと玉ひと玉、ルッチの糖度基準14度でチェックを行っています。
それを実現するために大変に高価な非破壊糖度計を導入しています。あわせて大変な手間もかかりますが、そんな当たり前をしっかり行うことがお客様の信頼を得ることに繋がると信じています。

写真

有資格者が責任をもって選果しています

写真

お客様の笑顔のために、あたりまえをしっかりと

朝採れの硬い大玉桃をその日のうちに発送

フルーツは採りたてが一番美味しいことは間違いありません。だから私たちは可能な限り鮮度の高い桃を皆様にお届けできるように、朝一に収穫し、すぐに箱詰め出荷でその日のうちに発送させていただいております。

写真
写真

ひとつひとつ丹精を込めて

自社農園はもとより、職人気質のまじめな契約農家の仲間ともども、大変な手間をかけて1玉1玉丁寧に育て上げています。丹念な土づくりから始まり、栄養分が効率よく実に運ばれ、沢山の日光を浴びさせるように樹を育て、栄養分を集中させるために「つぼみ」の段階から花・幼果と成長過程で入念な選別が繰り返され、残った100分の1の実が無事に出荷基準にたどり着き、更に形状や糖度検査といった厳しい選果を通過して出荷されます。ですからスーパーに並んでいるような桃と比べて高価な桃となりますが、それだけの自信をもって皆様のお手元にお届けしております。

写真
写真

高品質な美味しい硬い桃を是非体感してみてください!!

写真

数に限りがございますのでご注文はお早めに!!

「硬質桃」は【ルッチ】と【クダモノビト】のコラボ企画

若手農家5人グループ【クダモノビト】

写真

ルッチフルーツデザインスタジオ株式会社

写真

やまなしのフルーツが美味しいのはあたりまえ。フルーツの隠れた魅力をお伝えします!

ルッチでは、自社農園で桃やぶどうを栽培するほか、黄色く完熟したシャインマスカット「大人シャインマスカット」をはじめとして、桃畑でのキャンプイベント「PEACH FARM CAMP」、願いが掛けられる桃「願掛桃」、皮ごと食べられる硬い桃「硬質桃」などフルーツ王国山梨県の魅力を発信するアイデア提案・商品企画・販売を行っております。

わたしたちがめざすのは、フルーツのまだ知られていない隠れた魅力を、デザインの力で皆様にお伝えすることです。

​フルーツ大国やまなしにて、デザイン的思考でフルーツの魅力を発信するイベント企画、商品開発・販売のデザインマネージメントを行っております。弊社の強みは自社農園をもつことで、突飛なアイデアもテストマーケティングができる事。

あらゆる方法でフルーツの魅力を最大限に引き出し、農家の皆様のお役に立てることを目標に日々取り組んでおります。
わたしは、クラスで一人はいる絵が得意な少年でした。何かの絵を描いたとき、みんなが驚いてくれるのが嬉しくて、勉強もせず両親に隠れて絵を描き続けたあの頃。その当時のあだ名が「ルッチ(将軍)」でした。
少年時代の絵のようにアイデアで地元の農家仲間のお役に立てるように日々活動しております。

Rucci Fruits Design Studio株式会社 代表取締役 雨宮智也

でも、決してあたりまえを疎かにしない、それがルッチです

ホームページ:https://www.rucci.co.jp

Facebookページ:RucciFruitsDesignStudio

Instagram:rucci_fds

Twitter:RucciFDS

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス