長野県 佐久市 (ながのけん   さくし)

[№5865-0234]チクマ農園のりんごジュース1リットル 6本セット (ふじ4本、紅玉2本)

標高700mの佐久高原で育った自園のりんごのみを搾ってビンに詰めました。ビン1本にリンゴが5~6個入っています。昔ながらの製法によりコクと風味をお楽しみください。農薬や化学肥料を減らし、食の安全・環境保全に取り組み、「信州の環境にやさしい農産物」認証に加え、「JGAP」認証を取得しています。ご贈答をはじめ全国のお客様、消費者グループ、自然食品のお店等幅広くご利用頂いております。 ※画像はイメージです。 事業者:チクマ農園

10,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ふじりんごジュース(1L)×4本入 紅玉りんごジュース(1L)×2本入 合計6本セット

りんごジュース1リットル×6本(ふじ4本 紅玉2本)

写真

チクマ農園のりんごのみで搾った、太陽の恵みがぎっしりつまったストレ-ト果汁のふじりんごジュースです。

内容

ふじりんごジュース(1L)×4本入
紅玉りんごジュース(1L)×2本入
合計6本セット

ビン1本にリンゴが5~6個!!濃厚な甘みのふじりんごジュース

標高700mの佐久高原で育ったチクマ農園のりんごのみを搾ったストレ-ト果汁のふじりんごジュース。ビン1本に、なんとりんご5~6個分!!
農薬や化学肥料を減らし、食の安全・環境保全に取り組み、「信州の環境にやさしい農産物」認証に加え、「JGAP」認証を取得。乳幼児からお年寄りまで、アトピ-の方にも安心してお飲みいただけます。
太陽の恵みがぎっしりつまった濃厚な甘みのふじりんごジュースをお楽しみください。

生産者紹介

チクマ農園

チクマ農園

毎年異なる気象条件に悩まされながら、果樹栽培に奮闘中!!
お客様に「美味しい!」と、よろこんでいただけるよう、頑張っています。外観より味、農産物の安全性にこだわっています。
たくさん食べてくださいね。

【チクマ農園について】
長野県の東端、浅間山と八ケ岳に囲まれた標高700mの佐久市・佐久高原にある、60年以上の歴史のあるりんご園です。
この地域は、豊富な日射量と、高原特有の冷涼な気候により、糖度が高く果肉の引き締まった果物が育ちます。

現在は240ア-ルの畑で、ふじ、つがる、紅玉、シナノスイート、秋映等を中心に10品種以上のりんごと完熟にこだわったプルーン、サクランボを生産しています。
特に紅玉は、今ではほとんど見られませんが根強い人気があり、全体の生産量の3割以上を占めているのが大きな特徴です。
長年にわたり、“うまさ”と“安全・安心”にこだわり続け、主に関東・関西の消費者グル-プ、自然食品のお店、贈答など幅広く利用されております。

チクマ農園のりんご作りへのこだわり

高原特有の豊富な日射量と生育期の昼夜の大きい寒暖差により、実が引き締まり、りんごの旨みが凝縮された糖度の高いおいしいりんごが育ちます。
一般には外観重視のりんごがほとんどですが、チクマ農園では、長年にわたり『うまさ』と『安全・安心』にこだわり続けています。

●“うまい”のこだわり

私たち人間が健康を保つために、胃腸を丈夫にしバランスの良い食事に心がけるのと同じように、うまいりんごを作るためにはバランスの良い土作りが大切。
有機質肥料、土壌バクテリア、アミノ酸等をふんだんに使い土作りを行い、健全な根を作り、こくのある微妙な味を作り出しています。
そして何よりも、木の上で完熟したりんごを少しでも早く消費者の皆様に届けるように努力をしています。 

●“安全・安心”のこだわり

「とれたてのりんごをキューッとふいて、パリッとかじる。口の中に広がるジュースと甘さ!!」
なんといってもこれが一番うまいりんごの食べ方です。
チクマ農園では30年以上前から“安全・安心”にこだわり、減農薬栽培を研究してきており、環境に負担をかけない方法で生産された農産物として『信州の環境にやさしい農産物』に認証されています。

りんごの1年

1~2月

写真
せん定作業
年が改まり、お正月気分もそこそこに、作業開始です。りんご栽培の基本です。どの枝にも光が良く当たるように、薬剤の通りや作業性を考えながら整枝、せん定を行います。

3月

写真
枝片づけ
せん定が終わると、枝を作業のじゃまにならないように片づけます。 
細かい枝は機械で細かく砕いて、土に戻します。
一部は冬のコタツ用や土壌改良用に炭を焼いたり、お風呂用の薪にします。

4月

写真
畑の整備や、苗木の植え付け
受粉用のツツハナバチの巣を準備したり、人工授粉の準備を行います。

5月

写真
りんごの開花
ゴールデンウィーク中が一番見頃です。
この時期は遅霜の被害が起きます。昔は徹夜で火をたき霜を防ぎましたが、今は防霜ファンがあるので、楽になりました。環境にも配慮してます。

6月

写真
摘花
一つの芽から5つの花が咲きます。中心花を残し全部摘み取ります。

摘果
この時期になると指では摘めないので、ハサミを使います。1つ1つの果実に栄養を行き渡らせ、果実を大きくし、品質を揃えるために不要な果実を摘み取ります。

7月

写真
見直し摘果
荒摘果で落としきれなかった所や、見落としなどを見直します。 

支柱立て
果実の重みで枝が折れないよう、枝と枝が重ならないように支柱を入れて枝の間隔を開けます。

徒長枝切り
果実や、樹の根元まで光が当たるように徒長枝を切ります。

8月

写真
リンゴの仕事はこの時期が一段落。つかの間の夏休みです。

防鳥対策
鳥にりんごを食べられないように網を張ったり、威嚇装置を設置します。

早生種葉摘み
果実の色むらを無くします。葉陰部分は色が付きません。果実1つ1つを見て、着色に影響する葉を摘んでいきます。

早生種収穫&発送
品種ごとに収穫が進みます。

9月

写真
早生種収穫&発送
品種ごとに収穫が進みます。

中生種葉摘み
収穫作業と並行して中生種の着色管理を行います。

10月

写真
中生種収穫&発送
順番に収穫、出荷します。

晩生種葉摘み
収穫作業と平行して晩生種の着色管理を行います。

11月

写真
晩生種収穫
20日過ぎには雪が降る年があります。
味をのせてから、なるべく早く収穫を終わらせます。

宅配発送
全国へ発送します。

12月

写真
宅配発送
美味しいりんごをどうぞ!!

あっという間に年末です。
そして年が明けるとせん定作業開始です。

皆さまからのお申込みお待ちしております!

写真

佐久市のジュースをご紹介!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス