京都府 京丹波町 (きょうとふ   きょうたんばちょう)

丹波・梅ピューレ UMEUME(梅)・YUZUUME(柚子梅) [010WT001]

京丹波町産の完熟梅で作った梅ピューレです。UMEUME(梅)とYUZUUME(柚子梅)のセットでお届けします。小さな山里の梅林で栽培された梅の香りをお楽しみください。

10,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・京丹波町下大久保産の梅を使ったピューレ2種類(梅・柚子梅) ・無添加、5倍希釈 315ml×各1本

写真

京丹波産の梅を使ったピューレ。割って飲んで、料理など楽しみ方様々。

無添加、5倍希釈のUMEUME・YUZUUMEは楽しみ方が様々。炭酸で割ってジュースに、焼酎で割ってみて、料理の味付けやアクセントにと、使い方様々。子どもから大人までお楽しみいただけます。京の6次産業化コンテスト最優秀賞受賞作品。

写真

京丹波町の小さな山里にある集落で作られた完熟梅を原材料に使用。

UMEUMEの原材料は、京丹波町内の下大久保という小さな集落の住民が運営する梅林で育てられた完熟梅(南高梅)を使用しています。小さいころに田舎の実家で飲んだ懐かし味。飲んだ時に梅の本来の風味を感じて、楽しめる味になっています。

写真

地域活性化の一環として住民が自らの力でつくった梅園。

梅林は京丹波町下大久保区の区民が運営しています。平成20年に地域活性化の一環として植えた約200本もの梅の木は、10年たって年間600kg程度の梅が収穫できるようになりました。

写真

梅林事業が小さな山里の集落に所得と雇用を生み出す事業に。

地域の梅林で収穫した梅は、下大久保区の住民の皆さんで出資して設立した有限責任事業組合下大久保(LLP下大久保)の加工所において梅干しになり、町内の道の駅等で販売。梅林事業を通じて、小さな山里の集落に所得と雇用が生まれています。

株式会社WAIRA TAMBA

株式会社WAIRA TAMBA

平成27年創業。京都丹波地域の食を生産・企画・加工・流通・販売・広報するのがワイラ丹波です。誰もが認める京都丹波の食材を地元だけでなく、日本全国、全世界へ広め認知していくのが私たちの努めと考え、食を通じて京都丹波の魅力を伝えています。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス