大阪府 阪南市 (おおさかふ   はんなんし)

阪南市 の 地車 やぐら 幕板(まくいた)

「幕板」は、やぐらの側面に配した見ごたえのある主役の彫刻であり、主に源平合戦・神話・伝説の絵柄をモチーフに彫刻しています。 木曾義仲は、同一門の源氏に敗れ逃避行となった。 その中に巴御前がおりまして、敵に囲まれた際に巴は、鎧の袖から引きちぎれる気もせず、振り払い、敵は雪崩れを打って逃げ出した。 魅了は、武者(畠山重忠)との一騎打ちの際、花のように美しい顔つきの女武者の優雅さ。 提供元:ミニやぐら同好会

450,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
ミニやぐらの幕板(まくいた) サイズ:縦 約16cm 横 38cm 材質:桧

ミニやぐら同好会

写真
写真
写真
写真
写真

実際のやぐらは、高さ4m・重さ約2トン前後あります。
私たちは「やぐら」のミニチュア、厳密には、1/8サイズのミニやぐらを始め、献灯台並びに祭礼グッズの作品作りに励んでいます。
阪南のやぐらの魅力を多くの人に伝えるため、日々情熱を込めてミニやぐらを制作しています。

阪南のやぐら

写真

関西国際空港より南部に位置する阪南市の祭礼は「地車(やぐら)」と云いまして、2つの車輪(こま)で上下の動きをします。
神社の階段を7段一気に駆け上がる躍動感のある迫力と、練り歩くと同時に音頭をとり、太鼓の笛の音色が最大の魅力となっています。

写真

昔から、天災・五穀豊穣を祈願するため、神様が降臨されている「やぐら」を祭礼の主役とし、阪南市内各地区のやぐらが波太神社の拝殿前階段を駆け上がる豪快な宮入りを行います。
スピード感にあふれ、勇壮な曳行が繰り広げられ、毎年10月体育の日の前日・体育の日、の2日間行われます。この秋祭りの前週の日曜日には、市内各地区のやぐらが市役所周辺に結集し、各地区が自慢のやぐらの曳行を披露する「やぐらパレード」も実施されます。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス