兵庫県 朝来市 (ひょうごけん   あさごし)

B-26 高橋養蜂場 天然百花 はちみつ (150g)

こだわりの天然百花ハチミツ 蜜蜂の飼育において抗生物質はハチミツの中に残留する為、使用していません。 スムシ対策に薬剤ももちろん使用しておらず、低温冷蔵庫使用、越冬飼料には三温糖を使用しています。 一般的に使われる蜂の餌となる免税飼料(※人が食べられない)は使用していません。 加工に一切せず、食の安全にこだわり健康第一に考えて生産しています。 原材料:国内産自然ハチミツ   提供:メルカート株式会社(あさごもん)

10,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
はちみつ150g

~ハチにかける情熱は誰にも負けない~
高橋養蜂場さまにインタビュー

ミツバチに誰よりも愛情を注ぎ、ミツバチのために、どうしたらより自然に近い環境でストレス無く生活できるか?を徹底して考え、独自の飼育方法にこだわっている高橋さん。

そんな高橋さんのこだわりについてインタビューしました!

写真

Q1 はちみつ作りを始めようと思ったきっかけは何ですか?

幼少の頃より、食料として家族が蜂を飼っていました。自然と小学3年生から日本ミツバチを飼育していました。定年後心身ともに大変な時に、ミツバチが来てくれて誘ってくれたから愛情をこめて飼育しています。



Q2 はちみつ作りの具体的な方法について教えてください!

いつも巣箱を観察していて、スズメバチやアリから守ることを大切にしています。毎日状況を見て何回も手当をしています。越冬の為には箱全体に断熱材を巻いて体力温存、8月終わりからはスズメバチから守るために巣箱を移動させています。夏は巣箱の温度が上がりすぎないように、木の下の日陰に置きずっと打ち水をしています。



Q3 高橋養蜂場ならではのこだわりは何ですか?

薬剤は使用せずに、自分の手でスズメバチや巣虫を駆除しています。
        
飼育の為に抗生物質は使用していません。
ミツバチが色々な花の蜂蜜を食するように春から7月まで蜜を採集はしません。
自然に近い形で飼育すると人間にも良い蜂蜜が採れます。
採集のための容器も、ホーロー・ステンレスを使用しプラスチックの物は使用しないところにもこだわっています。


高橋養蜂場の愛情たっぷりの人に優しいハチミツ。
ぜひご賞味ください。

写真



動画インタビューはこちら

他にも「はちみつ」あります!!

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス