徳島県 徳島市 (とくしまけん   とくしまし)

A029a 徳島 ふるさと便

<踊る阿呆の天酔おどり饅頭> 「天酔」とは、よしこの節に浮かれて忘我の境地で乱舞する阿波踊り人のこと。阿波方言で「楽天的で、ひとつのことに熱中しやすい人」。踊る阿呆の心意気を薄皮酒饅頭に託しました。 <阿波十善ういろ> 豊穣の阿波の国、弘法大師と同行二人の四国・お遍路のお接待に、そしてまた、道中菓としても愛されている郷土菓子「阿波ういろ」に、十善戒の訓えを受け継ぎながら結願へと一歩一歩と廻る祈りの形を、金剛杖に見立てた素朴で優しい風味の蒸し菓子でございます。 <雲井> 「眉のごと 雲井に見ゆる 阿波の山 かけて漕ぐ舟 泊まり知らずも 船王(万葉集 巻六—九九八)」万葉の昔から阿波人の心の故里として親しまれる眉山を小豆餅で、その山並みにかかる雲を自家焙煎した黒寿きな粉で表現した逸品でございます。 <阿波和三盆ころん> 阿波和三盆糖をホロホロクッキーに振り掛け仕上げました。

11,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
踊る阿呆の天酔おどり饅頭×12個、<お遍路道中菓>阿波十善ういろ×8個、<阿波万葉菓>雲井×5個、阿波和三盆ころん×12個

<雲井>
眉のごと 雲井に見ゆる 阿波の山 かけて漕ぐ舟 泊まり知らずも 船王(万葉集 巻六-九九八)
万葉の昔から阿波人の心の故里として親しまれる眉山を小豆餅でその山並みにかかる雲を自家焙煎した黒寿きな粉で表現した逸品でございます。
<阿波十善ういろ>
中国明代に伝承した「ういろ」は変遷を重ねつつ京、大阪を経て、豊穣の阿波の国へ伝わり素朴で優しい風味に秀でた稀有な蒸し菓子として育まれ、雛の節句・遊山にはかかせぬ郷土菓子でお遍路のお接待としても愛されてまいりました。
<踊る阿呆の天酔おどり饅頭>
「天酔」とは、よしこの節に浮かれて忘我の境地で乱舞する阿波踊り人のこと。阿波方言で「楽天的で、ひとつのことに熱中しやすい人」。踊る阿呆の心意気を薄皮酒饅頭に託しました。
<阿波和三盆ころん>
阿波和三盆糖をホロホロクッキーに振り掛け仕上げました。

【賞味期限】製造日から10日以内

【提供】和菓子処 福屋・盛壽乃郷

徳島を代表する和菓子処"福屋"関係のお礼の品

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス