愛媛県 松山市 (えひめけん   まつやまし)

道後サイダーセット(DPS‐8)

「道後温泉」の地サイダーのオリジナルセットです。 しっかりとした甘みながら、後口もすっきりとした「道後サイダー」と香り高い愛媛県鬼北町産の柚子果汁をたっぷり使用した、フルーツサイダー「道後サイダー ゆず」の詰合せです。 愛媛県とべ動物園の人気者 白くま『ピースちゃん』ラベルも入った8本セットです。 ※ギフト用に包装してお届けします。(ギフト包装後、エアパッキンでお包みしてお届けします) ※お申込内容の不備や、長期ご不在により、謝礼品が発送元へ返送された場合の、再発送は致しかねます。 事業者 :水口酒造(089-924-6616)

10,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
道後サイダー 330ml×3本 道後サイダー ゆず 330ml×3本 道後サイダー ピースラベル 330ml×1本 道後サイダー ゆず ピースラベル 330ml×1本 道後の湯 200g×2個

写真

道後温泉本館と歩みをともに、地域から信頼厚い水口酒造株式会社

写真

日本最古の温泉といわれ、四国エリア屈指の人気観光地となっている道後温泉。明治27年(1894年)に開業した道後温泉本館と同じ時代に創業し、共に歩み続けているのが「水口酒造株式会社」です。

道後の街並みと調和する店舗兼主屋は、大正の初めに建築され、国指定登録有形文化財(建築物)にも登録されており、道後の銘酒「仁喜多津」、道後の湯上がりビール「道後ビール」だけでなく、焼酎、リキュール、クラフトジン、サイダー、カレーまであるのだそう。

また、周辺の自治体や地場産品の生産者の声に応え、周辺地域の名産品を積極的に商品に取り入れる姿勢により、地域から厚い信頼を寄せられています。

「暖簾を守るな、暖簾を破れ」若さと挑戦で成長を続ける老舗酒造

写真

日本酒の製造量減少に危機感を抱いた、5代目現当主、水口 義継(みなくち よしつぐ)さんは、「道後の新しい名物を」との思いから、1996年に地ビールの製造に踏み切りました。​​「日本酒の需要が減ったのはビールのせいなのに、酒屋がビールを造るなんてどうかしている」など、他の日本酒メーカーから心無い声を浴びせられることもあったそうです。そんな中、製造をスタートした道後ビールですが、今では会社の商品ラインナップの大きな軸となり、道後観光の名物の一つにもなっています。「水口酒造には<暖簾を守るな、暖簾を破れ>という家訓があります。日本酒造りの伝統を継承しつつ、新しい挑戦として「地ビール」や「クラフトジン」などを製造し、あと100年、200年暖簾を守っていきたい」と話します。

こういった挑戦する姿勢から社員も世代交代が進み、今では半数以上が30歳代となっています。

観光客一人ひとりの「道後物語」を「道後ビール」で演出

写真

ふるさと納税の返礼品の「道後ビール」のラインナップは、道後温泉で人気の全4種が2本ずつ揃った計8本。「湯あがり」というシチュエーションに合わせ、清涼感やのどごしを重視しています。その他に、道後ビールを自宅でも湯上がり気分で楽しめるようにと、道後温泉の入浴剤や、愛媛の美味しいものを味わえるセットも用意しているそうです。

とはいえ、道後温泉の雰囲気や現地の料理と一緒に楽しむのが、道後ビールを最も美味しくいただく方法です。ぜひ現地を訪れ、湯上がりに美味しいビールと料理を堪能して、それぞれの道後観光の思い出づくり「道後物語」を完成させてください。

写真
写真
写真

水口酒造ラインナップ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス