高知県 四万十町 (こうちけん   しまんとちょう)

Qsn-06 カツオの本場からお届け!お酒もごはんもススム「 カツオの塩辛」

食べたことのある方にも、まだ味わったことのない方にもぜひおすすめしたいこだわりの「酒盗」です。 盗んだように無くなることを見越して、四万十の地酒を一緒にした特別セットでお届けいたします。 酒の肴としてはもちろん、あつあつごはんのお供にも。 本場・本物の味をぜひご家庭でお楽しみください。

13,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・あぐり窪川の「酒盗 鰹のしおから」 110g/瓶×2個 ・四万十ノ純米大吟醸  720m×1本

❝ 海からの贈り物 ❞

カツオの本場高知の酒盗とお酒の特別セット

写真

内容

・酒盗 鰹のしおから 110g/瓶 × 2個
・四万十ノ純米大吟醸 720ml  × 1本

配送

お申し込みから2週間ほどでお届けいたします


本場の「 酒盗(しゅとう)」はここが違う!!



その1.超新鮮な本場のカツオのみを使用

写真


◆高知といえばもちろんカツオ!!

高知と聞いてまず思い浮かべるのはやはりカツオではないでしょう。なぜ、高知のカツオがおいしいのかというと、黒潮の流れ込む土佐沖では脂の乗ったおいしいカツオが揚がり、その鮮度を落とすことなく陸揚げできる範囲に位置しているから、高知で食べるカツオは特別おいしいというわけです。


写真

加えて、年間消費量が日本一ということもあり、目利きに長けた職人さんがたくさんいるということもその理由の一つです。ですから、高知でカツオを食べてハズレをひくことはまずないと言えるわけです。

写真

今回お届けする酒盗は、そんな新鮮でおいしい、本場高知のカツオの内蔵のみを使っています。使うカツオが違えば味に差がでるのも当然というわけです。販売元の「道の駅あぐり窪川」では高知土産としても大人気の品です。

一見クセの強そうな見た目には、食べ辛そうに思われるかもしれませんが、酒盗の持つ魚の旨味とコクに、塩味が加わることでさまざまな料理の調味料とて使われるほど、食材を選ばない万能さを持ち合わせています。

イカの刺身に和えれば、魚介が持つうま味とコクが倍になり、いつもとは違う贅沢感のあるおつまみに早変わり。びっくりするほどお酒もすすみます。
最近では、パスタソースの隠し味として重宝されることも多く、アンチョビにも負けない深みを出してくれます。




その2.四万十町が誇る浜から汲み上げたこだわりの塩

写真


◆水質環境基準「AA」ランクの青い海

この酒盗に使われるのは新鮮なカツオと塩のみです。だからこそのこだわりが、四万十町が誇る「小室の浜」から汲み上げた海水で作る「黒潮伝説の塩」。

透々と広がる遠浅の青く輝く海は、日本の海水浴場100選にも選ばれています。汲み上げた海水を風や太陽、自然の力を利用して濃度を高めた後、蒸気の力でじっくり丁寧に結晶化させます。

その出来上がりは「うまみ」、「こく」、に「まろみ」を兼ね備えたこだわりの塩となり、酒盗の味を決める大事な要素となります。


写真

そんな黒潮伝説の塩を使った辛口仕上げの本場の酒盗は、蒸したジャガイモとの相性も抜群。ほどよい粘りと、ホクホクの甘みを酒盗の塩味が引き立てます。カツオの旨味も相まってお酒のつまみとしてはもちろん、お子様でもおいしく食べられる一品としておすすめです。




その3.完全無添加の熟成仕上げ

写真


◆自然が作る本物の酒盗

一般的な酒盗は味の調整のために、化学調味料などの添加物が入ったものも多くあります。
しかしこの酒盗は、完全無添加に加え、熟成仕上げによる本物の酒盗。

こだわりの熟成期間はおよそ半年を目安にして、時期ごとに調整。本物の味をお届けしたいという思いから、味の均一化を図りながらも、自然な味を大事にします。

あぐり窪川がお届けする本物の酒盗に、多くの酒盗ファンから評判の声をいただいております。


写真

ほどよい酸味と強いコクのクリームチーズに、熟成された酒盗が良く合います。定番ではありますが、これが本当に止まらない。本物の酒盗を使えば今までのそれとは比較にならないほどのうまさ。さらに良く冷えた日本酒があれば言うことなしです。


盗むお酒は四万十町の高級地酒

写真

◆限定生産のこだわり地酒 純米大吟醸

酒盗の名前の由来は一説によると、時の土佐藩主 山内豊資 が高知県の宿で味わった際に名付けたとされ、「盗まれたように酒が無くなっていく」とか「盗んででもお酒を飲みたくなる」などと言われたのが始まりだそう。

このことからも、高知が本場というのは言うまでもありませんが、そんな酒盗と一緒に飲むなら四万十の地酒がやはりおすすめ。四万十川の伏流水を使った純米大吟醸をセットにしてお届けいたします。

「四万十の生地酒」を良く冷やして、「酒盗」と一緒にお楽しみください。


写真


最後の一押しは「あつあつごはん」

お酒好きにしか縁のないものと思われがちですが、実はごはんとの相性も最高。ネギを加えて軽くまぜたら、あつあつごはんに乗せるだけ。ハフハフしながら豪快に口の中にかき込めば、カツオの旨味と塩味がごはんの甘みを引き立てます。

新しいごはんのお供として試す価値ありの逸品です!

関連のお酒セット

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス