佐賀県 小城市 (さがけん   おぎし)

小京都「祭」小城の日本酒3本セット

その昔、京都を模して造られた九州の小京都の小城市、毎年夏に行われる須賀神社の祗園夏祭りは今年で700年、このお祭りは「うちわ祇園」ともいわれ小京都小城の夏の風物詩として山車が町を練り歩きます。700年を記念して作られた小柳酒造の特別ラベル。 ※20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

15,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
・特別本醸造「うちわ祇園」720ml (暑い夏にキーンと冷やしてどうぞ) ・吟醸酒「山挽祇園」720ml (のどごし水の如し、冷でどうぞ) ・純米吟醸酒720ml (フルーティな香りを純米のうまみが感じられる、やわらかな奥行きのある酒)

小柳酒造とは?

写真
江戸時代、文化年間(約200年前)創業の老舗で、店舗のある母屋は創業時の建物です。麹室、酒母室、仕込庫等14件の建造物は国の登録有形文化財に指定されています。

歴史ある酒蔵で作るお酒は主に佐賀の華を原料米に使用し、初夏にはホタルの名所でもある小城に流れる清流のお水を使ったお酒つくりを行っています。
●大吟醸 高砂金漿「精米歩合38%の山田錦を100%使用し、じっくりと低温発酵させた淡麗辛口です。フルーティな香りと水の様なすっきりとしたのどごしををお楽しむください。
●庫出し冷用原酒 高砂「氷をたっぷり入れたグラスに原酒を注ぎ、のどごしの爽やかさとお酒のうまさをお楽しみください。
●特別純米 高砂金漿「お米のうまさと風味を追求した純米酒です。冷でも燗でもおいしくいただけます。

写真

小柳酒造からのメッセージ

【こだわりのポイント】
佐賀酒らしい特徴、芳醇な味であるが口当たりがさっぱりしている日本酒を目指しています。

【わたしたちが作っています】
家族経営

【こんなところで作っています】
小城市は名水百選にも選ばれほどよい水が流れ、佐賀平野の佐賀米が日本酒の原料になり、環境に恵まれています。

【わたしたちが歩んできた道】
江戸末期1804年創業で浮き沈みもありましたが、一代一代を一生懸命頑張ってきています。

【私たちの想い】
国酒、日本酒の愛好者の拡大

【ふるさと納税でこんなすてきな変化が生まれています】
この制度で新しい販売先ができ、大変ありがたく思っています。この制度がいつまでも続くことを望みます。

このお礼の品を選んだ方のコメント

・酒造について詳細な案内があってよかった。おすすめの飲み方や、当主の顔がでていると安心感につながる。

佐賀県小城市(ogi city)

風薫る緑と水の街

小城市は、佐賀県のほぼ中央にあり、北部に天山山系がそびえ、中央部は肥沃な佐賀平野が開けています。また、南部には日本一の干潟・ 有明海に面しています。

春の訪れをつげる牛尾の梅林や小城公園の桜、芦刈海岸のムツゴロウ、初夏には祇園川のホタル、秋には江里山の棚田を彩る彼岸花、冬には天山の頂に白いベールを覆う雪など春夏秋冬のさまざまな姿を見せてくれます。歴史を見るとその昔、京都を模して造られた古い町並みは九州の小京都ともいわれています。

天山から有明海へと美しく流れる清流から始まる緑と水の街 小城 、自然と文化が織り交ざり合った「小城の逸品」を是非ご賞味下さい。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス