熊本県 南関町 (くまもとけん   なんかんまち)

T06-2 炭化象嵌(ぞうがん)香炉

ろくろで形成した香炉の本体の表面に、手作りの桜模様の印を、一つずつ押し、そのくぼみに、白土を埋め込みました。 この手法は象嵌と言います。 焼成法は”炭化”といい、薪と灯油の併用で焼成します。 ”満月”の模様には焼成時に薪の灰を使って雲の様子を表現しました。 風情ある香炉に焼きあがっていると思います。 出品者:田原弓陶房美歩志窯

60,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
炭化象嵌(ぞうがん)香炉 高さ18cm  直径9cm

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス