• ほっかいどう
  • しもかわちょう
  • 北海道
  • 下川町
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

下川町は、スキージャンプ界のレジェンド葛西紀明選手をはじめ、多くのジャンプ選手を輩出している町です。この事業への寄付金は、未来のオリンピックを目指すスキージャンプ選手の育成や、遠征に使用する車両バスやスキージャンプ板の購入等に活用していきます。

青少年育成事業(ジャンプ選手育成支援事業)
下川町は、スキージャンプ界のレジェンド葛西紀明選手をはじめ、多くのジャンプ選手を輩出している町です。この事業への寄付金は、未来のオリンピックを目指すスキージャンプ選手の育成や、遠征に使用する車両バスやスキージャンプ板の購入等に活用していきます。

青少年のための図書購入や青少年健全育成に活用していきます。

青少年育成事業(図書購入・青少年健全育成)
青少年のための図書購入や青少年健全育成に活用していきます。

循環型森林経営を中心とした持続可能な森林づくりを進めるために、森林づくり寄付金としていただいたふるさと納税は、森林づくり寄付条例に基づき「森林づくり基金」で管理し、毎年一定額を「森林づくり」に活用していきます。 ○下川町の森林づくり  持続的な森林経営を可能にするため毎年50haを植栽し、60年間育成した後に伐採、収穫し、再び植栽するというサイクルを繰り返すことを基本に、木材をはじめ、森林の癒しの機能に着目した森林療法、幼児期から高校まで一貫した森林環境教育、木質バイオマスの利活用など資源を活かしきった森林経営を実践しています。 ○寄付金1万円で  トドマツなら66本、カラマツなら142本の植林が可能になります。

森林(もり)づくり寄付金
循環型森林経営を中心とした持続可能な森林づくりを進めるために、森林づくり寄付金としていただいたふるさと納税は、森林づくり寄付条例に基づき「森林づくり基金」で管理し、毎年一定額を「森林づくり」に活用していきます。 ○下川町の森林づくり  持続的な森林経営を可能にするため毎年50haを植栽し、60年間育成した後に伐採、収穫し、再び植栽するというサイクルを繰り返すことを基本に、木材をはじめ、森林の癒しの機能に着目した森林療法、幼児期から高校まで一貫した森林環境教育、木質バイオマスの利活用など資源を活かしきった森林経営を実践しています。 ○寄付金1万円で  トドマツなら66本、カラマツなら142本の植林が可能になります。

地域資源を活かした産業振興などに

ふるさとづくり事業
地域資源を活かした産業振興などに

高齢者支援、障がい者支援、子育て支援などに

社会福祉事業
高齢者支援、障がい者支援、子育て支援などに
あけぼの園(特別養護老人ホーム)事業

下川町は「環境未来都市」として、多くの地域が抱える少子高齢化や環境・エネルギーなどの課題をいち早く解決するモデルとなる様々な取組みを進めています。環境未来都市推進事業への寄付金は、エネルギー自給や高齢化対応にむけた取組みや、町民が中心となって進める地域を元気にする企画・活動などに活用していきます。 ○現在すすめられている町民活動の例 ・農家の母さん等による下川町産原料を活用した手造り味噌づくり ・下川特産の手延べ麺(うどん等)のブランド化 ・町民投票で決めた森林のイメージカラー「SHIMOKAWA GREEN」を使った商品開発

環境未来都市推進事業
下川町は「環境未来都市」として、多くの地域が抱える少子高齢化や環境・エネルギーなどの課題をいち早く解決するモデルとなる様々な取組みを進めています。環境未来都市推進事業への寄付金は、エネルギー自給や高齢化対応にむけた取組みや、町民が中心となって進める地域を元気にする企画・活動などに活用していきます。 ○現在すすめられている町民活動の例 ・農家の母さん等による下川町産原料を活用した手造り味噌づくり ・下川特産の手延べ麺(うどん等)のブランド化 ・町民投票で決めた森林のイメージカラー「SHIMOKAWA GREEN」を使った商品開発

上記の使途以外で寄付する場合(一般寄付)

一般寄付金(使途を指定しない)
上記の使途以外で寄付する場合(一般寄付)

北海道 下川町 基本情報

住所
北海道北海道上川郡下川町幸町63番地
URL
http://www.town.shimokawa.hokkaido.jp/section/somu/furusatonouzei.html
TEL
01655-4-2511

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス