• いわてけん
  • いわてけん
  • 岩手県
  • -
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

医療提供体制を充実する取り組み、岩手の地域経済の回復に向けた取り組みなど、様々な事業に活用します。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と岩手の地域経済の回復に向けた様々な事業に活用
医療提供体制を充実する取り組み、岩手の地域経済の回復に向けた取り組みなど、様々な事業に活用します。

東日本大震災津波伝承館では「命を守り、海と大地と共に生きる」を展示のテーマに、三陸の津波災害の歴史や、東日本大震災津波、復興の取組に関わる映像、写真、被災物などを展示し、東日本大震災津波の悲劇を繰り返さないため、震災の事実と教訓を後世に伝承します。 この伝承に係る取組を一層推進するため、趣旨にご賛同いただき、ご支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023550.html (お問い合わせ先) 東日本大震災津波伝承館 電話:0192-47-4455

「東日本大震災津波伝承館の運営」に活用
東日本大震災津波伝承館では「命を守り、海と大地と共に生きる」を展示のテーマに、三陸の津波災害の歴史や、東日本大震災津波、復興の取組に関わる映像、写真、被災物などを展示し、東日本大震災津波の悲劇を繰り返さないため、震災の事実と教訓を後世に伝承します。 この伝承に係る取組を一層推進するため、趣旨にご賛同いただき、ご支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023550.html (お問い合わせ先) 東日本大震災津波伝承館 電話:0192-47-4455

いわて子どもの森は、自然の中でのびのびと自由に遊びやふれあい体験ができる全県的な子どもの健全育成の拠点として、平成15年に開館した大型児童館です。 開館から15年を迎え、老朽化した遊具の更新や子どもたちに新たな遊びの環境を提供することが求められていることから、子どもたちのニーズに応じた、より魅力的な施設とするため、本事業にご賛同いただき、ご支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023551.html (お問い合わせ先) 保健福祉部子ども子育て支援課 電話:019-629-5457

「いわて子どもの森遊具充実」に活用
いわて子どもの森は、自然の中でのびのびと自由に遊びやふれあい体験ができる全県的な子どもの健全育成の拠点として、平成15年に開館した大型児童館です。 開館から15年を迎え、老朽化した遊具の更新や子どもたちに新たな遊びの環境を提供することが求められていることから、子どもたちのニーズに応じた、より魅力的な施設とするため、本事業にご賛同いただき、ご支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023551.html (お問い合わせ先) 保健福祉部子ども子育て支援課 電話:019-629-5457

子どもは、一人一人が、かけがえのない存在であり、未来への希望です。 子どもの現在及び将来が、生まれ育った環境に左右されることなく、健やかに成長し、自分の将来に希望を持つことができるよう、環境を整備していく必要があります。 地域の住民が、子どものためにできることを持ち寄り、食事や交流、遊び、学習支援などを通じて子どもの健やかな成長を支える「子どもの居場所」の取組を推進するため、本事業に御賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023552.html (お問い合わせ先) 保健福祉部子ども子育て支援課 電話:019-629-5461

「子どもの居場所づくり応援」に活用
子どもは、一人一人が、かけがえのない存在であり、未来への希望です。 子どもの現在及び将来が、生まれ育った環境に左右されることなく、健やかに成長し、自分の将来に希望を持つことができるよう、環境を整備していく必要があります。 地域の住民が、子どものためにできることを持ち寄り、食事や交流、遊び、学習支援などを通じて子どもの健やかな成長を支える「子どもの居場所」の取組を推進するため、本事業に御賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023552.html (お問い合わせ先) 保健福祉部子ども子育て支援課 電話:019-629-5461

近年の動物愛護思想の高まりの中、全国的に殺処分ゼロを目ざした取組が推進されています。 動物愛護の意識を高める普及啓発の取組や動物愛護団体等と連携した返還譲渡等の取組を一層推進していく必要があります。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023562.html (お問い合わせ先) 環境生活部県民くらしの安全課 電話:019-629-5323

「動物愛護・適正飼養の普及啓発」に活用
近年の動物愛護思想の高まりの中、全国的に殺処分ゼロを目ざした取組が推進されています。 動物愛護の意識を高める普及啓発の取組や動物愛護団体等と連携した返還譲渡等の取組を一層推進していく必要があります。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023562.html (お問い合わせ先) 環境生活部県民くらしの安全課 電話:019-629-5323

岩手県の県立高校や特別支援学校では、岩手の未来を担う子どもたちが、夢に向かって勉強や部活動に日々がんばっています。 子どもたちがより良い教育環境の中で、勉強や部活動に励んでいけるよう、本事業に御賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023563.html (お問い合わせ先) 教育委員会事務局教育企画室 電話:019-629-6106

「子どもたちの夢を応援!県立学校の環境充実」に活用
岩手県の県立高校や特別支援学校では、岩手の未来を担う子どもたちが、夢に向かって勉強や部活動に日々がんばっています。 子どもたちがより良い教育環境の中で、勉強や部活動に励んでいけるよう、本事業に御賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023563.html (お問い合わせ先) 教育委員会事務局教育企画室 電話:019-629-6106

岩手県立大学は、平成17年4月に岩手県立大学及び同短期大学並びに岩手県立宮古短期大学を統合し、公立大学法人が運営する新たな体制でスタートし、現在、約2,500人の学生が日々学業に励んでいます。 岩手県立大学では、地域に根差した高等教育機関としての役割を更に充実・強化し、地域に貢献する取組を実践しており、これらの取組を一層推進するため、皆さんのあたたかい御支援をよろしくお願いします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023565.html (お問い合わせ先) ふるさと振興部学事振興課 電話:019-629-5045

「岩手県立大学未来創造応援プロジェクト」に活用
岩手県立大学は、平成17年4月に岩手県立大学及び同短期大学並びに岩手県立宮古短期大学を統合し、公立大学法人が運営する新たな体制でスタートし、現在、約2,500人の学生が日々学業に励んでいます。 岩手県立大学では、地域に根差した高等教育機関としての役割を更に充実・強化し、地域に貢献する取組を実践しており、これらの取組を一層推進するため、皆さんのあたたかい御支援をよろしくお願いします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023565.html (お問い合わせ先) ふるさと振興部学事振興課 電話:019-629-5045

グローバル化や情報化が進展する中、広い視野を持って岩手と世界をつなぐ人材、国際的な視点を持って地域で活躍する人材の育成に取り組んでいます。 この取組を一層推進するため、本事業にご賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023567.html (お問い合わせ先) ふるさと振興部国際室 電話:019-629-5762

「グローバル人材の育成」に活用
グローバル化や情報化が進展する中、広い視野を持って岩手と世界をつなぐ人材、国際的な視点を持って地域で活躍する人材の育成に取り組んでいます。 この取組を一層推進するため、本事業にご賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023567.html (お問い合わせ先) ふるさと振興部国際室 電話:019-629-5762

本県に甚大な被害をもたらした東日本大震災津波や平成28年台風第10号災害からの復旧復興に向けた取組や、近年、激甚化、頻発化する豪雨などによる災害復旧等の対策に活用します。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023569.html (お問い合わせ先) ふるさと振興部 地域振興室 電話:019-629-5184 

「災害復旧等対策」に活用
本県に甚大な被害をもたらした東日本大震災津波や平成28年台風第10号災害からの復旧復興に向けた取組や、近年、激甚化、頻発化する豪雨などによる災害復旧等の対策に活用します。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023569.html (お問い合わせ先) ふるさと振興部 地域振興室 電話:019-629-5184 

将来の本県産業を担うリーダーとなる人材を確保し、地域産業の高度化、持続的な発展を推進していくため、奨学金返還の一部を助成することにより、大学生等の県内への還流・定着を図ります。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023570.html (お問い合わせ先) 商工労働観光部ものづくり自動車産業振興室 電話:019-629-5551

「いわて産業人材奨学金返還支援基金」に活用
将来の本県産業を担うリーダーとなる人材を確保し、地域産業の高度化、持続的な発展を推進していくため、奨学金返還の一部を助成することにより、大学生等の県内への還流・定着を図ります。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023570.html (お問い合わせ先) 商工労働観光部ものづくり自動車産業振興室 電話:019-629-5551

伝統工芸産業、漆産業、アパレル産業が、環境変化に対応し、付加価値の高い、働きがいのある産業として持続的に成長していくため、新商品開発や販路開拓、後継者育成などの取組を行っています。 これらの取組を一層推進するため、本事業に御賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023571.html (お問い合わせ先) 商工労働観光部産業経済交流課 電話:019-629-5537

「伝統工芸産業、漆産業、アパレル産業支援」に活用
伝統工芸産業、漆産業、アパレル産業が、環境変化に対応し、付加価値の高い、働きがいのある産業として持続的に成長していくため、新商品開発や販路開拓、後継者育成などの取組を行っています。 これらの取組を一層推進するため、本事業に御賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023571.html (お問い合わせ先) 商工労働観光部産業経済交流課 電話:019-629-5537

岩手県には、「平泉の文化遺産」と「明治日本の産業革命遺産(橋野鉄鉱山)」の2つの世界遺産があります。 これらの世界遺産を人類共通の宝として未来に継承していくための取組にご賛同いただき、ご支援をお願いします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023572.html (お問い合わせ先) 文化スポーツ部文化振興課 電話:019-629-6486

「いわての世界遺産の保存と活用」に活用
岩手県には、「平泉の文化遺産」と「明治日本の産業革命遺産(橋野鉄鉱山)」の2つの世界遺産があります。 これらの世界遺産を人類共通の宝として未来に継承していくための取組にご賛同いただき、ご支援をお願いします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023572.html (お問い合わせ先) 文化スポーツ部文化振興課 電話:019-629-6486

近年、海洋に流出するプラスチックごみなどによる地球規模での環境汚染が懸念されていることから、使い捨てプラスチック等の廃棄物の3Rを基調とするライフスタイルの定着や森から川を経て海に至る健全な水循環が図られるよう、使い捨てプラスチック等の一層の削減に向けた取組や海岸漂着物の回収・処理、河川や海岸等の環境保全のための取組を進めます。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023573.html (お問い合わせ先) 環境生活部資源循環推進課 電話:019-629-5367

「海洋ごみ対策」に活用
近年、海洋に流出するプラスチックごみなどによる地球規模での環境汚染が懸念されていることから、使い捨てプラスチック等の廃棄物の3Rを基調とするライフスタイルの定着や森から川を経て海に至る健全な水循環が図られるよう、使い捨てプラスチック等の一層の削減に向けた取組や海岸漂着物の回収・処理、河川や海岸等の環境保全のための取組を進めます。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023573.html (お問い合わせ先) 環境生活部資源循環推進課 電話:019-629-5367

高田海岸及び根浜海岸等は、陸中海岸屈指の海水浴場で観光の名所でしたが、東日本大震災津波及び地盤沈下により、砂浜が消失し海水浴等での利用ができない状況となりました。 被災後、砂浜は十分回復せず、自然回復には多くの時間を要することから、養浜による砂浜の再生を行っています。 今後、復旧後の海岸環境の整備を一層推進するため、本事業にご賛同いただき、ご支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023574.html (お問い合わせ先) 県土整備部河川課 電話:019-629-5907

「海岸環境整備事業」に活用
高田海岸及び根浜海岸等は、陸中海岸屈指の海水浴場で観光の名所でしたが、東日本大震災津波及び地盤沈下により、砂浜が消失し海水浴等での利用ができない状況となりました。 被災後、砂浜は十分回復せず、自然回復には多くの時間を要することから、養浜による砂浜の再生を行っています。 今後、復旧後の海岸環境の整備を一層推進するため、本事業にご賛同いただき、ご支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023574.html (お問い合わせ先) 県土整備部河川課 電話:019-629-5907

復興・被災者支援活動や県内各地の様々な地域課題を解決するための取組を行うNPO等への活動費助成に加え、NPO等が持続可能な地域社会づくりの担い手として期待されていることに対応し、その運営基盤の強化に取り組んでいます。 これらの取組を一層推進するため、本事業に御賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023575.html (お問い合わせ先) 環境生活部若者女性協働推進室 電話:019-629-5199

「いわて社会貢献・復興活動支援基金」に活用
復興・被災者支援活動や県内各地の様々な地域課題を解決するための取組を行うNPO等への活動費助成に加え、NPO等が持続可能な地域社会づくりの担い手として期待されていることに対応し、その運営基盤の強化に取り組んでいます。 これらの取組を一層推進するため、本事業に御賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023575.html (お問い合わせ先) 環境生活部若者女性協働推進室 電話:019-629-5199

ILCが実現すれば、世界中からILCに関わる研究者、各種技術者らが家族も含め3,000人近い外国人が東北に暮らすようになり、多文化が共生する国際都市がつくられます。 私たちの身近に国際的な「知の拠点」が形成され、最先端の研究を見られることは、子どもたちの知的好奇心を刺激し、夢を与えることにもなります。 この取組を一層推進するため、本プロジェクトにご賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023576.html (お問い合わせ先) ILC推進局事業推進課 電話: 019-629-5203

「ILCプロジェクト」に活用
ILCが実現すれば、世界中からILCに関わる研究者、各種技術者らが家族も含め3,000人近い外国人が東北に暮らすようになり、多文化が共生する国際都市がつくられます。 私たちの身近に国際的な「知の拠点」が形成され、最先端の研究を見られることは、子どもたちの知的好奇心を刺激し、夢を与えることにもなります。 この取組を一層推進するため、本プロジェクトにご賛同いただき、御支援をお願いいたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023576.html (お問い合わせ先) ILC推進局事業推進課 電話: 019-629-5203

東日本大震災津波により被災した子どもたちが、自らの希望に沿った学校を卒業し、社会人として独り立ちするまで、息の長い支援を行うことを目的に、全国の皆さまからの善意の寄附を広く募っています。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023344.html (お問い合わせ先) 復興局復興推進課 電話:019-629-6922

「いわての学び希望基金」に活用
東日本大震災津波により被災した子どもたちが、自らの希望に沿った学校を卒業し、社会人として独り立ちするまで、息の長い支援を行うことを目的に、全国の皆さまからの善意の寄附を広く募っています。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023344.html (お問い合わせ先) 復興局復興推進課 電話:019-629-6922

三陸鉄道は平成31年3月23日に、東日本大震災津波の影響で不通となっていたJR山田線(宮古‐釜石間)の経営移管を受け、三陸鉄道リアス線としてスタートを切りました。 令和元年10月に台風第19号による災害の影響により、一時は7割の区間で運転を見合わせていましたが、皆様の熱い応援をいただき、令和2年3月20日に全線で運行を再開することができました。 今後も三陸鉄道が元気に走り続けるための事業に活用いたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023568.html (お問い合わせ先) ふるさと振興部交通政策室 電話:019-629-5206

「三陸鉄道の支援」に活用
三陸鉄道は平成31年3月23日に、東日本大震災津波の影響で不通となっていたJR山田線(宮古‐釜石間)の経営移管を受け、三陸鉄道リアス線としてスタートを切りました。 令和元年10月に台風第19号による災害の影響により、一時は7割の区間で運転を見合わせていましたが、皆様の熱い応援をいただき、令和2年3月20日に全線で運行を再開することができました。 今後も三陸鉄道が元気に走り続けるための事業に活用いたします。 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023568.html (お問い合わせ先) ふるさと振興部交通政策室 電話:019-629-5206

岩手県では、岩手の未来のあるべき姿を実現するため、復興とその先も見据え、時代の潮流や岩手の特性・可能性を踏まえながら、今後10 年間の、県の政策推進の方向や具体的な取組内容を示した「いわて県民計画」を策定しました。この計画において、「新しい時代を切り拓くプロジェクト」として岩手県を3つのゾーンに設定し、それぞれの発展の形を描くゾーンプロジェクトを掲げています。 ① 北上川バレープロジェクト 県央広域振興圏と県南広域振興圏にまたがる北上川流域において自動車や半導体関連産業を中心とした産業集積が進み、新たな雇用の創出が見込まれることを生かし、両振興圏の広域的な連携の更なる促進や、第4次産業革命技術のあらゆる産業・生活分野への導入などを通じて、働きやすく、暮らしやすい、21世紀にふさわしい新しい時代を切り拓く先行モデルとなるゾーンの創造を目指します。 (お問合せ先) 商工企画室 電話:019-629-5529 ② 三陸防災復興ゾーンプロジェクト 東日本大震災津波からの復興の取組により大きく進展したまちづくりや交通ネットワーク、港湾機能などを生かした地域産業の振興を図るとともに、三陸防災復興プロジェクト2019等を契機として生み出される効果を持続し、三陸地域の多様な魅力を発信して国内外との交流を活発化することにより 、岩手県と国内外をつなぐ海側の結節点として持続的に発展するゾーンの創造を目指します。 ③ 北いわて産業・社会革新ゾーンプロジェクト 豊かな地域資源と高速交通網の進展を生かし、地域の特徴的な産業の振興や、圏域を越えた広域連携による交流人口の拡大、豊富な再生可能エネルギー資源の産業分野・生活分野での利用促進など、県北圏域をはじめとする北いわての持つポテンシャルを最大限に発揮させる地域振興を図るとともに、人口減少と高齢化、環境問題に対応する社会づくりを一体的に推進することで、あらゆる世代がいきいきと暮らし、持続的に発展する先進的なゾーンの創造を目指します。 (お問合せ先) 地域振興室 電話:019-629-5211(②③) 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023862.html

「北上川バレープロジェクト」、「三陸防災復興ゾーンプロジェクト」、「北いわて産業・社会革新ゾーンプロジェクト」に活用
岩手県では、岩手の未来のあるべき姿を実現するため、復興とその先も見据え、時代の潮流や岩手の特性・可能性を踏まえながら、今後10 年間の、県の政策推進の方向や具体的な取組内容を示した「いわて県民計画」を策定しました。この計画において、「新しい時代を切り拓くプロジェクト」として岩手県を3つのゾーンに設定し、それぞれの発展の形を描くゾーンプロジェクトを掲げています。 ① 北上川バレープロジェクト 県央広域振興圏と県南広域振興圏にまたがる北上川流域において自動車や半導体関連産業を中心とした産業集積が進み、新たな雇用の創出が見込まれることを生かし、両振興圏の広域的な連携の更なる促進や、第4次産業革命技術のあらゆる産業・生活分野への導入などを通じて、働きやすく、暮らしやすい、21世紀にふさわしい新しい時代を切り拓く先行モデルとなるゾーンの創造を目指します。 (お問合せ先) 商工企画室 電話:019-629-5529 ② 三陸防災復興ゾーンプロジェクト 東日本大震災津波からの復興の取組により大きく進展したまちづくりや交通ネットワーク、港湾機能などを生かした地域産業の振興を図るとともに、三陸防災復興プロジェクト2019等を契機として生み出される効果を持続し、三陸地域の多様な魅力を発信して国内外との交流を活発化することにより 、岩手県と国内外をつなぐ海側の結節点として持続的に発展するゾーンの創造を目指します。 ③ 北いわて産業・社会革新ゾーンプロジェクト 豊かな地域資源と高速交通網の進展を生かし、地域の特徴的な産業の振興や、圏域を越えた広域連携による交流人口の拡大、豊富な再生可能エネルギー資源の産業分野・生活分野での利用促進など、県北圏域をはじめとする北いわての持つポテンシャルを最大限に発揮させる地域振興を図るとともに、人口減少と高齢化、環境問題に対応する社会づくりを一体的に推進することで、あらゆる世代がいきいきと暮らし、持続的に発展する先進的なゾーンの創造を目指します。 (お問合せ先) 地域振興室 電話:019-629-5211(②③) 詳しくは、次のページをご覧ください。 https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/1023333/1023343/1023862.html

日常生活の利便性の向上により暮らしやすさを実現し、地域の魅力を高めます。また、地域コミュニティ活動への支援、公共交通の利用促進、豊かな環境の保全・形成など魅力あるまちづくりを進めるためのプロジェクトに活用します。

「魅力あるふるさとづくり」に活用
日常生活の利便性の向上により暮らしやすさを実現し、地域の魅力を高めます。また、地域コミュニティ活動への支援、公共交通の利用促進、豊かな環境の保全・形成など魅力あるまちづくりを進めるためのプロジェクトに活用します。

地域の伝統文化をはじめとする文化芸術やスポーツの振興を図り、心豊かでいきいきと暮らせる地域をつくるためのプロジェクトに活用します。

「文化芸術・スポーツ振興」に活用
地域の伝統文化をはじめとする文化芸術やスポーツの振興を図り、心豊かでいきいきと暮らせる地域をつくるためのプロジェクトに活用します。

若者や女性の活躍できる環境づくりにより、若者たちが躍動する地域、男女が共に生きやすく・活気ある社会の形成に向けたプロジェクトに活用します。

「若者・女性の活躍支援」に活用
若者や女性の活躍できる環境づくりにより、若者たちが躍動する地域、男女が共に生きやすく・活気ある社会の形成に向けたプロジェクトに活用します。

医療、福祉・介護を充実していくとともに、健康と長生きのための取り組みを推進し、若者からお年寄りまで全ての人々が安心して暮らせる地域をつくるためのプロジェクトに活用します。

「保健・医療・福祉充実」に活用
医療、福祉・介護を充実していくとともに、健康と長生きのための取り組みを推進し、若者からお年寄りまで全ての人々が安心して暮らせる地域をつくるためのプロジェクトに活用します。

豊かなふるさとの将来を担う人づくりの推進や教育の振興を図り、地域の活性化を実現するためのプロジェクトに活用します。

「ふるさとの未来を担う人づくり」に活用
豊かなふるさとの将来を担う人づくりの推進や教育の振興を図り、地域の活性化を実現するためのプロジェクトに活用します。

岩手への人の流れを創出し、強化していくため、特定の地域に継続的に多様な形で関わる関係人口創出・拡大のためのプロジェクトに活用します。

「関係人口創出・拡大」に活用
岩手への人の流れを創出し、強化していくため、特定の地域に継続的に多様な形で関わる関係人口創出・拡大のためのプロジェクトに活用します。

国内外からの観光誘客や岩手の地域資源を生かした観光地域づくり、農山漁村の交流体験やグリーン・ツーリズム、文化やスポーツ等を通じて、岩手と国内外の人々との交流が広がる地域づくりのためのプロジェクトに活用します。

「いわてまるごと交流促進」に活用
国内外からの観光誘客や岩手の地域資源を生かした観光地域づくり、農山漁村の交流体験やグリーン・ツーリズム、文化やスポーツ等を通じて、岩手と国内外の人々との交流が広がる地域づくりのためのプロジェクトに活用します。

ご希望する使い道について、ご寄附申し込みフォームからお進みいただき、【申し込みに関する備考】欄へご記入ください。

その他
ご希望する使い道について、ご寄附申し込みフォームからお進みいただき、【申し込みに関する備考】欄へご記入ください。

使い道を指定しない場合は、こちらを選択してください。 岩手県の発展のために、大切に活用させていただきます。

岩手県におまかせ
使い道を指定しない場合は、こちらを選択してください。 岩手県の発展のために、大切に活用させていただきます。
この自治体は「ふるさとチョイス」から申込みすることができません。
お手数ですが、自治体のホームページ等からお申込みください。

岩手県 - 基本情報

住所
岩手県岩手県盛岡市内丸10-1
URL
https://www.pref.iwate.jp/kensei/seisaku/furusato.html
TEL
019-629-5184

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス