• あいちけん
  • こまきし
  • 愛知県
  • 小牧市
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

社会福祉を充実するための事業に活用します。 ※平成30年度は基金へ積み立てました。次のような事業に活用予定。 ・障害者施設等整備費補助事業 障害者施設等の整備を行う法人に対し、施設等の整備費用を補助します。 ・ボランティア活動等助成事業 小牧市社会福祉協議会が行うボランティア活動推進事業、在宅福祉推進事業等に対し、助成を行います。

1.お年寄りや障がい者にやさしいコース
社会福祉を充実するための事業に活用します。 ※平成30年度は基金へ積み立てました。次のような事業に活用予定。 ・障害者施設等整備費補助事業 障害者施設等の整備を行う法人に対し、施設等の整備費用を補助します。 ・ボランティア活動等助成事業 小牧市社会福祉協議会が行うボランティア活動推進事業、在宅福祉推進事業等に対し、助成を行います。

環境事業に活用します。   ◆平成30年度は次のような事業に活用させていただきました。 ・環境基本計画推進事業 環境教育啓発事業の一環として、子どもたちへの環境学習や、環境に関する様々な展示・体験ができる環境フェアの実施、地球温暖化対策地域協議会事業等の活動費の一部に使用しました。 ・ごみ収集・再資源化事業 焼却処分していた剪定枝類(枝・葉・幹・草・根・竹)などをチップ、堆肥化するための処理委託費用の一部に使用しました。

2.環境にやさしいまちづくりコース
環境事業に活用します。   ◆平成30年度は次のような事業に活用させていただきました。 ・環境基本計画推進事業 環境教育啓発事業の一環として、子どもたちへの環境学習や、環境に関する様々な展示・体験ができる環境フェアの実施、地球温暖化対策地域協議会事業等の活動費の一部に使用しました。 ・ごみ収集・再資源化事業 焼却処分していた剪定枝類(枝・葉・幹・草・根・竹)などをチップ、堆肥化するための処理委託費用の一部に使用しました。

育英事業に活用します。   ◆平成30年度は次のような事業に活用させていただきました。 ・奨学交付金等交付事業 向上心に富みかつ経済的に恵まれない生徒が高等学校等へ進学する場合に、入学に必要な経費の一部を支給しました。

3.高校進学の準備を応援するコース
育英事業に活用します。   ◆平成30年度は次のような事業に活用させていただきました。 ・奨学交付金等交付事業 向上心に富みかつ経済的に恵まれない生徒が高等学校等へ進学する場合に、入学に必要な経費の一部を支給しました。

子どもの夢・育み事業に活用します。   ◆平成30年度は次のような事業に活用させていただきました。(一例) ・学習支援事業「駒来塾」 経済的理由により学習塾に通えない、家庭環境により家で学習する機会がないなど、学習意欲があっても学力の定着が進んでいない中学生を対象に、教員OBや教員を志望する大学生など地域の協力を得て、一定レベルの学力が定着できるよう「駒来塾」を開講し、「駒来塾」の活動事業の一部に使用しました。 ・夢にチャレンジ助成金支給事業 高校生、大学生等の夢を育み、夢へのチャレンジを応援する事業の一つとして、海外での語学研修やフィールドワーク、ボランティア活動などチャレンジしたい内容を提案者が自ら考え、公開プレゼンテーションを行い、審査を通過した企画の活動に対して必要な費用の一部を助成しました。 ・JFAこころのプロジェクト「夢の教室」開催事業 JFAこころのプロジェクト「夢の教室」(公益財団法人日本サッカー協会)のカリキュラムにより、トップアスリート等が「夢先生」となり「夢の教室」と題した90分の授業を学校で実施。自らの体験をもとに、「夢や目標を持つことの素晴らしさ、その夢や目標に向かって努力することの大切さ、フェアプレーや助け合いの精神の育み」などを「ゲームの時間」、「トークの時間」を通して子どもたちに伝えることで、子どもの人格形成を支援する事業費の一部に使用しました。

4.こどもの夢、チャレンジを応援するコース
子どもの夢・育み事業に活用します。   ◆平成30年度は次のような事業に活用させていただきました。(一例) ・学習支援事業「駒来塾」 経済的理由により学習塾に通えない、家庭環境により家で学習する機会がないなど、学習意欲があっても学力の定着が進んでいない中学生を対象に、教員OBや教員を志望する大学生など地域の協力を得て、一定レベルの学力が定着できるよう「駒来塾」を開講し、「駒来塾」の活動事業の一部に使用しました。 ・夢にチャレンジ助成金支給事業 高校生、大学生等の夢を育み、夢へのチャレンジを応援する事業の一つとして、海外での語学研修やフィールドワーク、ボランティア活動などチャレンジしたい内容を提案者が自ら考え、公開プレゼンテーションを行い、審査を通過した企画の活動に対して必要な費用の一部を助成しました。 ・JFAこころのプロジェクト「夢の教室」開催事業 JFAこころのプロジェクト「夢の教室」(公益財団法人日本サッカー協会)のカリキュラムにより、トップアスリート等が「夢先生」となり「夢の教室」と題した90分の授業を学校で実施。自らの体験をもとに、「夢や目標を持つことの素晴らしさ、その夢や目標に向かって努力することの大切さ、フェアプレーや助け合いの精神の育み」などを「ゲームの時間」、「トークの時間」を通して子どもたちに伝えることで、子どもの人格形成を支援する事業費の一部に使用しました。

次世代育成のための学校施設等教育環境整備事業に活用します。   ※次のような事業に活用予定 ・小中学校施設営繕事業 市内小中学校において老朽化している部分や教室を改修することで、安心して学べる環境整備を行うための改築工事設計費用の一部に使用予定。

5.子どもの教育施設の環境づくりコース
次世代育成のための学校施設等教育環境整備事業に活用します。   ※次のような事業に活用予定 ・小中学校施設営繕事業 市内小中学校において老朽化している部分や教室を改修することで、安心して学べる環境整備を行うための改築工事設計費用の一部に使用予定。

文化財保護事業に活用します。 ※平成30年度末時点で活用実績はなし。次のような事業に活用予定。 ・史跡小牧山整備事業 織田信長が城を築き、小牧・長久手の合戦では、織田信雄・徳川家康連合軍の陣城となった小牧山の史跡整備を行います。

6. 文化の香り漂うまちづくりコース
文化財保護事業に活用します。 ※平成30年度末時点で活用実績はなし。次のような事業に活用予定。 ・史跡小牧山整備事業 織田信長が城を築き、小牧・長久手の合戦では、織田信雄・徳川家康連合軍の陣城となった小牧山の史跡整備を行います。

スポーツ振興事業に活用します。   ◆平成30年度は次のような事業に活用させていただきました。 ・スポーツ大会開催委託事業 スポーツ活動機会の充実を図るため、市民体育大会、シティマラソン大会、市民駅伝競走大会、V・プレミアリーグ等誘致事業などの事業費の一部に使用しました。

7.スポーツに親しむまちづくりコース
スポーツ振興事業に活用します。   ◆平成30年度は次のような事業に活用させていただきました。 ・スポーツ大会開催委託事業 スポーツ活動機会の充実を図るため、市民体育大会、シティマラソン大会、市民駅伝競走大会、V・プレミアリーグ等誘致事業などの事業費の一部に使用しました。

市長が選択する基金に積立てて事業に活用します。   ※平成30年度は次世代教育環境整備基金へ積立てました。

8.市長におまかせコース
市長が選択する基金に積立てて事業に活用します。   ※平成30年度は次世代教育環境整備基金へ積立てました。

愛知県 小牧市 基本情報

住所
愛知県愛知県小牧市堀の内三丁目1番地
URL
http://www.city.komaki.aichi.jp/admin/soshiki/chiikikassei/syoukou/1/7/9658.html
TEL
0568-76-1112

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス