京都府 宇治市 (きょうとふ   うじし)

ブセットモデル[BS-70]

京都府宇治市の「ヒガシ絃楽器製作所」の自社ブランド「oriente(オリエンテ)」のラインナップから、ボディの形に特徴があるコントラバスを。ボディのくびれの下部にポコンと丸みを帯びた部分があるデザインです。太く伸びる低音の響きが楽しめる、日本製のコントラバスをお試しください。 ◎ヒガシ絃楽器製作所 40年ほど前に宇治市で創業した「ヒガシ絃楽器製作所」。コントラバスを中心に、初心者向けの商品から、プロ仕様の高級品、さらにはオーダーメイドの絃楽器まで幅広く製作し、修理や調整なども行っています。

2,500,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
[BS-70] 表板:スプルース単板 裏胴:メイプル単板 ※画像はイメージです。

写真

宇治市で絃楽器を作り続けて40余年

写真

京都府南部に位置する宇治市。世界遺産の平等院鳳凰堂や、特産品の宇治茶、そして源氏物語の舞台になったことでも知られています。その住宅街の一角に、40年以上絃楽器を作り続けている「ヒガシ絃楽器製作所」があります。

コントラバスを中心にビオラやチェロを製作し、自社ブランド「oriente(オリエンテ)」は、入門者に適した価格帯のものからプロ好みの高級品まで、幅広いラインアップを揃えています。一つひとつ、工場で職人が木と向き合い生まれるこだわりの絃楽器。返礼品ではボディ部分の形に特徴があるコントラバス、「ブゼットモデル BS-70」をお届けします。

ベテラン職人が丸太から手作業で作り出す

写真

工場に入ってすぐに目に入ったのは、出荷前のコントラバス。間近で見ると私の背よりも大きく、そのサイズ感にビックリ。コントラバスの大きさは、ボディとネック部分を合わせると180~200センチほどあり、絃も長いのが特徴。絃楽器の中でも低音域を担当する楽器です。

ヒガシ絃楽器製作所の創業は昭和54(1979)年。京都の楽器製造会社で修業をした東澄雄(ひがし・すみお)さんが宇治市に自らの工房を構え、独立したのが始まり。現在、澄雄さんをはじめ、6人のベテラン職人たちが、材木を切ってコントラバスの形にし、磨き上げて、ほとんど手作りで絃楽器を製作しています。

木は生き物。その個性を先読みする

写真

「木は伸び縮みします。だから作っていて思ってもみないことになったりするんです。それを先読みしないといけないのが難しいところですね」と教えてくれたのは、創業者・澄雄さんの息子の東義教(ひがし よしのり)さん。工場を見渡すと、木を削ったり、磨いたり。木をまげてコントラバスのボディの形に固定する道具も。あらめてコントラバスは木でできているんだということに気付かされます。使われている木は、表が松で、裏、横、ネックにはメープルだそうです。「材木屋さんから丸太で買い付けてきて、乾燥させてから使います」と義教さん。

丸太を5年以上寝かせ、乾燥させる

写真

“思ってもみないこと”を防ぐためにも大切なのが乾燥。すでに乾燥された状態で届く木もありますが、ヒガシ絃楽器製作所では、木が落ち着くまで5年以上寝かせてから使っています。そして材木から形を切り出し、表面を滑らかにしてからボディの組み立て、ネックスクロール(弦の先の渦を巻いた部分)の取付け、塗装、そして絃を張る・・・・・・と、10以上の工程を経てようやくコントラバスが完成。ほとんどが手作業で行うため、職人6人がかりで分業して1週間に10本程度しか作ることができない、繊細な商品です。

西洋生まれの楽器を、日本の大工道具で作る

写真

工場で気が付いたのは、カンナやノミなど、日本の大工道具が多く用いられていることです。コントラバスは西洋生まれの楽器。それを日本で作っているだけではなく、作り方も、使っている道具も「日本式」であることもこだわりの一つです。

義教さんは「父も僕も、外国に行って修行したわけではありません。日本で作り方を覚えました。だから道具も日本のものを使っています。そういう意味で、うちのコントラバスは、本当に日本製(笑)。修理や調整もこの工場でできます。日本で使うのでしたら、日本で作ったものの方が木が収縮しにくいということもあるかもしれませんね」

形によって音が変わる。だから挑戦する

写真

いくつかのコントラバスを見比べてみると、胴体の中央がくびれていて細長いネックが付いているフォルムは同じですが、くびれ部分など、少しずつデザインには違いが。実は、形にはいくつかのパターンがあるもの、ある程度自由に変えることができるそう。形によって音色も変わるとか。それもコントラバス製作の魅力だと義教さんは言います。「『こんな音がでる楽器を作りたい』『こんな形のコントラバスを作ってみたい』と考えて挑戦するのがこの仕事の楽しいところ。完成するまで成功するか分からないんですけどね」。

今回の返礼品「ブセットモデル」は、質の良い材木を用い、コントラバスらしい太く伸びる音色はそのままに、ボディ中央のくびれの下部がポコンと丸く突き出た特徴的なデザイン。「外国製の同じレベルのものはもっと高額でなかなか手が出にくいと思います。ぜひ当社の音色を試してもらう機会にしてほしいです」

真面目に続けていくことでしか、美しい音色は出ない

真面目に続けていくことでしか、美しい音色は出ない

義教さんに、今後の展望を尋ねたところ「今まで通り、一つひとつの作業を真面目に、ちゃんとすること」との答えが返ってきました。「いい仕事をするにはそれしかありません。ちょっと面倒くさいなって思うと、それなりの楽器になってしまいます。分業でやっていますので、それぞれ職人が、この方がいいものができる、いいものを作るにはどうしたらいいだろうと自分で考えて工夫しながらやってくれているからこそ、いいコントラバスができるんです」。

木材から楽器を製作し、美しい音色を生み出すヒガシ絃楽器製作所。木と真摯に対峙する職人の姿勢が、素晴らしい音色に表れるのでしょう。宇治生まれのコントラバスの演奏をぜひとも聴いてみたい、そんな気持ちが湧いてきました。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス