佐賀県 小城市 (さがけん   おぎし)

【定期便】 佐賀のうまか米 毎月お届け便 白米10kg 定期便(12ヶ月連続お届け)

山の米、海の米、品種も沢山ある小城のお米を12ケ月間(月1回10kg)お届け!小城のお米自慢の農家さんが集結して味を競い合う!毎月、味の違いをお楽しみ下さい。また減農薬栽培米農家さんの「特別栽培米」を数多く集めています。ご家族構成次第で一口から何口でもお申込みが可能です。(玄米をご希望の方は備考欄に「玄米希望」と書いて下さい。対応可能です。) ※ 特別栽培米(農薬・化学肥料50%減)の為、夏場の保管は冷蔵庫にお願いします。 ※すべて特別栽培米ではありませんのでご了承下さい。 ※出荷業者により、5kg X 2袋、10kg X 1袋の場合あり。予めご了承ください。 提供:小城直売農家、大坪米穀精米、ほたるの郷直売所

160,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
毎月:白米10kg×12回 1月:さがびより(北川農産) 2月:夢しずく(平石食品) 3月:さがびより(さかぐち) 4月:ひのひかり(しもむら農産) 5月:さがびより(田中農場) 6月:さがびより(さかぐち) 7月:さがびより(大坪精米) 8月:夢しずく(肥前糧食) 9月:コシヒカリ(大坪精米) 10月:夢しずく(ほたるの郷) 11月:夢しずく(田中農場) 12月:さがびより(ほたるの郷) ※農産物のため、すべて予定になります。

写真
写真

お届けするお米の品種

温度・気候により内容を変更する場合があります。

【さがびより】
心も晴れやか、佐賀日和。日本穀物検定協会が行っている「米の食味ランキング」で、平成26年産「さがびより」と「コシヒカリ」が最高ランクの”特A評価”を獲得しました。粒が大きく、しっかりしていて、冷めても美味しいと全国的に大変評判の良いお米です。

【夢しずく】
佐賀県の豊かな大地に育まれ、おいしくできあがりました。 夢しずくは、「キヌヒカリ」と「ひとめぼれ」の交配によって生まれた品種です。ほどよい粘りと優れた味わい、食欲をそそるふっくらでつやのある光沢が高い評価を受けています。 「夢しずく」の由来 新世紀の佐賀米作りへの「夢」と、朝露に濡れる稲の新鮮なイメージを「しずく」という言葉で表現しました。

【ひのひかり】
ヒノヒカリの特徴は、コシヒカリを父に持つ、食味の良さといわれています。粒の大きさは、さほど大きくありませんが、粒の厚みがあり、全体的に丸みをもった粒です。 ヒノヒカリは、関東以北ではあまり聞きなれないお米ですが、九州地方では常用米として人気があります。

山側のお米と海側のお米の違い

写真
【山側のお米】1,000メートル級の天山山系から溢れ出す、天然のミネラルウォーターで作る棚田米のお米。夏の朝昼の温度の高低差が大きい山沿いに並ぶ棚田にはひのひかり、さがびより、夢しずくが作られている。段差のある不便で小さい田んぼでは農家の方が手塩にかけて育てたお米が「棚田米」として地域で人気のお米。また収穫前の秋には無数の彼岸花が咲き誇り「全国農村景観百選」にも選ばれるほどの絶景です。

写真
【海側のお米】海沿いにつながる佐賀平野には大規模で広い田んぼが遠くまで並ぶ、米どころ佐賀の風景。海からの潮風や、またあえて塩を撒いたお米は甘味が増加する。小城では有機を基本とし、農薬と化学肥料を半減した安心・安全な「特別栽培米」の大規模農家が多く、自慢のお米を栽培している。安定した美味しい佐賀ブランド米を全国に出荷しています。

写真

その他の関連する品

佐賀県小城市(ogi city)

風薫る緑と水の街

小城市は、佐賀県のほぼ中央にあり、北部に天山山系がそびえ、中央部は肥沃な佐賀平野が開けています。また、南部には日本一の干潟・ 有明海に面しています。

春の訪れをつげる牛尾の梅林や小城公園の桜、芦刈海岸のムツゴロウ、初夏には祇園川のホタル、秋には江里山の棚田を彩る彼岸花、冬には天山の頂に白いベールを覆う雪など春夏秋冬のさまざまな姿を見せてくれます。歴史を見るとその昔、京都を模して造られた古い町並みは九州の小京都ともいわれています。

天山から有明海へと美しく流れる清流から始まる緑と水の街 小城 、自然と文化が織り交ざり合った「小城の逸品」を是非ご賞味下さい。

写真
掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス