埼玉県 伊奈町 (さいたまけん   いなまち)

和ろうそく 花灯窓 望 6個アソートセット

和ろうそく「花灯窓 望(かとうまど ぼう)」は和紙といぐさを用いた芯と植物性のろうを使い、専用燭台が無くても、不燃性の皿の上で使えるように改良された和ろうそく。天然素材を使用し、すべて一つずつ職人による手作業で丁寧に作られています。 和蝋燭の炎は芯が太いので、キャンドルよりも大きく明るく燃えますが黒い煙が出ないのも特徴。他にも、ロウが垂れない工夫や芯切りの頻度を減らす工夫を凝らし、手軽に和ろうそくを楽しめるように改良しました。 月を望みながら日本の自然と四季を感じることができるように・・・和と自然をモチーフにした新しいJapanese Candle です。 ※形や表面の風合いなどに個体差がありますので予めご了承ください。 ------------------------------------------------------ 精油を基調にした香りの全部で6種類が桐箱の中にセットされています。 1.華・・ローズ 2.音色・・ラベンダー 3.杜・・ヒノキ 4.収穫・・柑橘(ゆず) 5.風・・ユーカリ 6.静寂・・香木の香り(白檀・フランキンセンス)

18,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
使用素材 植物性油脂 モクロウ、茶実油を含む 和紙・イ草 ろうそくのサイズ 本体 37φx40H 約26g 燃焼時間 約4時間 小袋のサイズ 43x40x53H 6個アソート桐箱セット 150x120x52H

写真
「ロウが垂れないように」を設計コンセプトにした結果、蝋燭に火を付けて約2時間、薄いロウの壁が立つような製品に仕上がりました。

写真
2時間ものあいだ いわゆる「芯切り」という和蝋燭特有の手間も施していません。

町田ローソク株式会社

町田ローソク株式会社

もともとは都内で先代が石鹸とローソクを製造。戦後、進駐軍のキャンドルを日本で初めて作る。1975年に会社を設立し、1993年に本社・工場を伊奈町に移転。
1998年からはアロマキャンドルの製造を本格的に開始。2013年には埼玉県・彩の国工場に指定される。
自社ブランドにおいては、作る、売る、買うの全ての視点を踏まえて、デザインやパッケージにもこだわり、厳選した原料を組み合わせ、色、形、香り、炎の出方、そして、夏は溶けにくく、冬は溶けやすい持続性に注力して開発・製造している。

【町田ローソク】商品一覧

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス