• ふくしまけん
  • なみえまち
  • 福島県
  • 浪江町
掲載内容について、最新の情報でない場合もございますのでご了承ください。

選べる使い道

浪江町は世界でも類を見ない、自然災害と原子力災害という複合災害からの復興を進めています。被災経験を通じて得た教訓と復興へ歩みを次代に継承するため、震災遺構の整備や記憶の伝承に関する取組みに活用します。

1 震災の記憶の継承
浪江町は世界でも類を見ない、自然災害と原子力災害という複合災害からの復興を進めています。被災経験を通じて得た教訓と復興へ歩みを次代に継承するため、震災遺構の整備や記憶の伝承に関する取組みに活用します。

浪江町では新たな雇用の創出のため、産業団地の整備を進めています。また、町内には国の進める「福島イノベーションコースト構想」に関連する施設の整備が進められているため、町の産業を担う人材の育成や、新たな産業振興をきっかけとした交流人口の拡大に向けた取組みに活用します。

2 新たな産業の振興
浪江町では新たな雇用の創出のため、産業団地の整備を進めています。また、町内には国の進める「福島イノベーションコースト構想」に関連する施設の整備が進められているため、町の産業を担う人材の育成や、新たな産業振興をきっかけとした交流人口の拡大に向けた取組みに活用します。

一部避難指示解除から1年後となる平成30年4月、なみえ創成小学校・中学校が開校しました。児童・生徒数はまだ少ないですが、なみえ創成小・中学校だからこそ創り出せる学びがある学校を目指し、地域の未来を切り開く人材を育成しています。浪江のこども達への教育の充実に関する取組みに活用します。

3 こども達の教育の支援
一部避難指示解除から1年後となる平成30年4月、なみえ創成小学校・中学校が開校しました。児童・生徒数はまだ少ないですが、なみえ創成小・中学校だからこそ創り出せる学びがある学校を目指し、地域の未来を切り開く人材を育成しています。浪江のこども達への教育の充実に関する取組みに活用します。

震災前は浪江町に住んでいた約2万人の町民は、町全域の避難指示によって福島県内を中心に全国各地への避難を余儀なくされました。現在でも多くの町民が避難生活を続けており、孤立防止や健康の維持、心のケアが課題となっています。町民の健康増進や絆の維持に向けた取組みに活用します。

4 町民の健康増進
震災前は浪江町に住んでいた約2万人の町民は、町全域の避難指示によって福島県内を中心に全国各地への避難を余儀なくされました。現在でも多くの町民が避難生活を続けており、孤立防止や健康の維持、心のケアが課題となっています。町民の健康増進や絆の維持に向けた取組みに活用します。

震災によって休止を余儀なくされた農林水産業ですが、コメ作りが再開 したり、請戸漁港での魚の試験的な水揚げが再開したりするなど、農林水産業者のみなさんの努力により、再興に向けた取組みが進められています。また、新たな農業として花卉の栽培もスタートしました。震災前、町の基幹産業であった農林水産業の振興に向けた環境整備に活用します。

5 農林水産業の振興・環境整備
震災によって休止を余儀なくされた農林水産業ですが、コメ作りが再開 したり、請戸漁港での魚の試験的な水揚げが再開したりするなど、農林水産業者のみなさんの努力により、再興に向けた取組みが進められています。また、新たな農業として花卉の栽培もスタートしました。震災前、町の基幹産業であった農林水産業の振興に向けた環境整備に活用します。

上記のほかにも、町の復興創生にはまだまだ多くの課題があります。復興に必要な様々な取組みに活用させていただきます。

6 町長におまかせ
上記のほかにも、町の復興創生にはまだまだ多くの課題があります。復興に必要な様々な取組みに活用させていただきます。

福島県 浪江町 基本情報

住所
福島県福島県双葉郡浪江町大字幾世橋字六反田7番地2
URL
http://www.town.namie.fukushima.jp/soshiki/2/59.html
TEL
0240-34-0237

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス