北海道 上士幌町 (ほっかいどう   かみしほろちょう)

[015-N40]十勝ナイタイ和牛 ビーフ&ポークハンバーグ<150g×10ヶ>

★ふるさと納税だけで累計30万個突破(2015年~)の定番ハンバーグ ★ふるさとチョイス公認の「リピーターが多いお礼の品」に選ばれました!(2021年7月) ★ふるさとチョイスランキング「ハム・ソーセージ・ハンバーグ部門」総合2位を獲得!(2021年8月9日) 上士幌町で肥育された黒毛和種の中でも5・4等級の「十勝ナイタイ和牛」と十勝産豚を贅沢に使用した合挽きハンバーグです。「十勝ナイタイ和牛 100%ハンバーグ」と比べると、よりなめらかな食感とあっさりした味わいが特長です。 素材に自信があるからソースに頼らなくても美味しい、本来のハンバーグの味をぜひご賞味ください。 ※2022年7月18日より、黒毛和牛部分を従来の「上士幌町産黒毛和牛」から「十勝ナイタイ和牛」に変更し、それに合わせて返礼品の名称を変更いたしました ―――お礼の品の特徴――― ◆レビュー高評価: ◎  ◆発送早め: -  ◆保存期間長め: ◯  ◆訳あり品: -

15,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
150g×10ヶ

返礼品の名称変更について(2022年7月18日~)

2022年7月18日より、「上士幌産 ビーフ&ポークハンバーグ」の名称が「十勝ナイタイ和牛 ビーフ&ポークハンバーグ」に変更になりました。

従来より、牛肉部分には上士幌町産の黒毛和牛を利用してまいりましたが、更なる品質向上のため、使用する黒毛和牛を5・4等級以上の町内産ブランド牛「十勝ナイタイ和牛」使用に統一いたします。

今後とも、上士幌町「ニークファクトリー」製のハンバーグをよろしくお願いいたします。

※パッケージ切り替えの関係で、包装紙に記載された名称が「旧名称(上士幌産ビーフ&ポーク~)」のままでお届けされる場合がございますが、中身は十勝ナイタイ和牛を使用しておりますので、安心してお召し上がりください。

写真
写真
写真
写真

原材料名

牛肉(上士幌町産)、豚肉(北海道十勝産)、卵、玉葱、パン粉、食塩、香辛料、トレハロース ※原材料の一部に牛肉・豚肉・卵・小麦を含む

十勝ナイタイ和牛について

写真
自然豊かな十勝・上士幌町で育ち、5・4等級の黒毛和種に与えられる称号、それが「十勝ナイタイ和牛」です。名称は、上士幌町をイメージする言葉として「ナイタイ高原牧場」から引用しました。
1.粗飼料には町内産乾草や道内産稲わらを使用。
2.濃厚飼料は、高価なビタミンCが添加された肥育飼料を上士幌独自のメニューで与えております。
3.卓越した肥育技術と細やかな管理により、霜降り肉の割にたくさん食べても飽きない牛肉です。

ニークファクトリーについて

写真
ニークファクトリー(NE-Q Factory)は、地元上士幌町のスーパーマーケット「有限会社 片原商店」が2016年10月に設立しました。主に「十勝ナイタイ和牛」や各種ハンバーグなどの加工から梱包まで一貫して行っております。ニークファクトリーでは、貴重なお肉を皆さまにより美味しくお召し上がりいただくために、スタッフ一同が日々、安心・安全を心がけて業務を行っております。

ハンバーグの美味しい焼き方

写真
ハンバーグは肉汁が命ですので、肉汁を生かすように焼きましょう。
1.冷凍庫から冷蔵庫に移し、半日以上自然解凍。十分に柔らかくなっていることを確認します。
2.フライパンをよく熱して油をひき、強火で表面に焼き色がつくくらいまで両面を焼きます。これにより、肉汁をハンバーグ内部に閉じ込めます。
3.弱火~中火にし、白ワインまたは水を少量入れてからフライパンにフタをして蒸し焼きにします。
4.火が通ったところで蓋をはずし、水気を飛ばせば中がふっくらと焼きあがります。

ハンバーグのラインナップ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス