群馬県 下仁田町 (ぐんまけん   しもにたまち)

群馬県下仁田町【神津牧場】ジャージー牛の濃厚ミルクで作った発酵バター225g×3缶セット F21K-175

ジャージー乳を原料にした芳醇な香りとまろやかさが特徴の発酵バターです。 特に夏場につくられたバターは、牛が青草をたっぷりと食べているため、濃い黄色をしていて、ゴールデンバターと呼ばれて珍重されています。 根強いファン、リピーターに愛されているバターです。 ※画像はイメージです。

24,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
缶バター 225g×3

とびきり健康な牛たちが生み出す、コクのある乳製品

写真

人も、動物も、ストレスは大敵。
神津牧場では牛がのびのびと過ごせるよう、夏は広大な牧草地に放牧しています。
大自然の中で十分に運動し、美味しい青草をお腹いっぱい食べて過ごしているため、
心も体も健康そのもの。愛情をたっぷり受けて育った彼女たちは、その想いに応えるように、美味しい牛乳を生み出してくれるのです。
「草と牛は一体であり、草を乳に換えることが神津牧場の経営の基本」
健康な牛こそ美味しい牛乳を生み出せるという、開設者・神津邦太郎の理念は今も受け継がれています。

写真

●ジャージー種ってどんな牛?

写真

神津牧場飼育している牛は、ジャージー種という褐色の乳用種牛。
つぶらな瞳がとっても愛らしく、ホルスタイン種より若干小柄な体格です。
産出乳量もホルスタインの3分の2程と乳量では一歩譲るものの、優るのは脂肪分の高さ。
この乳脂肪分の高さこそが、美味しい乳製品づくりに大きな役割を果たしてくれています。
また、青草をたっぷり食べているためにカロチンが多く含まれ、酸化作用をもつ共役(きょうやく)リノール酸の含量も豊富。たんぱく質やミネラル、ビタミンなども含まれ、味わいは濃厚で、豊かな乳の香りが特徴です。

●発酵バターと非発酵バターの違い

写真

料理などに使うのは有塩バター、お菓子作りは無塩バター…と、2種類の中から選ぶのが一般的でしたが、最近では「発酵バター」というものも見かけるようになりました。
無塩バターや有塩バターは、非発酵バター。クリームをかき混ぜ、乳脂肪分を分離させる事によって造られます。
発酵バターは、生乳から取り出した脂肪分の高いクリームを殺菌、そこに乳酸菌を加えて発酵させたもの。バター発祥の地ヨーロッパでは、今でも発酵バターが主流です。
一般的な非発酵バターに比べ、発酵バターはコクと風味が強く、乳酸菌を加えて発酵させるためにほのかな酸味を感じます。お菓子作りも、いつものバターを発酵バターに変えるだけで香りと風味がアップし、贅沢な味わいに。
もちろん、パンに塗ってそのまま食べるのもおすすめ!香ばしく焼き上げたトーストに塗って食べれば、口いっぱいに広がるバターの風味に至福のひと時が訪れるはずですよ。
神津牧場の発酵バターは、芳醇な香りとまろやかさが特徴の、伝統の味。
夏は青草をたっぷり食べて育つためカロチンをたっぷり含み、黄色っぽくなるのが特徴。
その色と希少性から「ゴールデンバター」とも呼ばれています。

●チーズやバターの他、ヨーグルトも人気

赤・白ワインとのペアリングを楽しんでもらいたいゴーダやチェダーのほか、ジャパンチーズアワードの部門賞にも輝いた逸品も味わえるチーズのセットも人気です。
独特のとろみがあり後味のさわやかな飲むヨーグルトは、牛乳が苦手な人にも飲みやすいと好評ですよ。ぜひ、返礼品ページでチェックしてみて下さい!

●ほかにもあります!神津牧場のおすすめ返礼品

日本最古の洋式牧場「神津牧場」

日本最古の洋式牧場「神津牧場」

神津牧場が誕生したのは、明治20年。今から約130年前の事。
群馬県と長野県の県境にそびえる物見山の山頂から東側になだらかに広がる傾斜地に位置し、そこに牛を放牧して自然に近い形で飼養するという自給自足型の畜産を目指しました。
今もその理念はしっかりと受け継がれています。
広大な土地で、約200頭のジャージー牛が暮らしています。

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス