福井県 坂井市 (ふくいけん   さかいし)

[A-4621] 熟成濃厚ウニ 日本三大珍味の一つ 「越前仕立て汐うに」 小福容器入り 9g

1個のウニから1g。バフンウニを甘塩だけで凝縮し長いもので1年以上熟成。深い旨味と峻烈な磯の香り。 酒の肴に、ご飯にも美味。 提供:㈱天たつ

10,000以上の寄附でもらえる
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期便
  • ギフト包装
  • のし
容量
汐うに 小福容器入り 9g

1個のウニから1g程度の希少品

越前仕立て汐うに(越前うに)
江戸時代の越前福井では「越前仕立て汐うに」は各浜の漁師たちの浜の年貢の一つとして作られ福井藩に納められておりました。
また福井藩に納めた汐雲丹は、軍事用の備蓄食や将軍家・宮家・他藩大名への贈物として使われておりました。
江戸の徳川家へ各地より贈られる品々の中でも「長崎奉行の持品のからすみ」「尾張公の持品のこのわた」「越前公の持品の越前の汐うに」この三品は美味である上、いずれも大量製造ができず入手が困難であったことにより、江戸時代より日本三大珍味と称されております。
天たつは200年ほど前より旧越前福井藩主松平家の御用商人として代々この越前仕立て汐雲丹を一手にとりまとめておりましたが、この頃は一般の方との取引は禁じられすべてお城に納められておりました。
一部の限られた方だけに希少な高級珍味として食され、現在のように広く一般の方への販売、お召上がり頂くように なったのは明治以降になってからです。

汐うにの製法「塩蔵法」
当時の福井藩主の松平治好公から、「日持ちのするウニの貯蔵品を作るように」と命じられた天たつの三代目当主・天野五兵衛が、現在まで続く「塩蔵法」による越前仕立て汐雲丹を考案し、その「塩蔵法」を越前海岸一帯に広めたと言われております。
天たつの越前仕立て汐うには、日本海沿岸でとれた国産バフンウニの卵巣のみを使用し江戸時代より伝わる「塩蔵法(ばふんうにの生殖巣(生ウニの部分)に塩を振り脱水熟成して越前仕立て汐うにを仕上げる製法)」にて仕込んでおります。
余分なものは一切加えず、100gの製品を仕上げるのに100個以上のバフンウニの卵巣を使用しておりその分、ねっとりと濃厚で峻烈な味わいです。

食べ方について
「上あごの裏に小豆粒くらいの量の汐うにをつけてそれをなめながらお酒を一合飲む」というのが粋なお酒の飲み方だといわれております。
濃厚な味なので乾いた箸か爪楊枝の先に小指の先ほどつけてお召し上がりください。日本酒にとてもよく合います。
また、炊き立てのご飯の上に乗せるととろりととけて、磯の風味がひろがり美味です。焼き海苔にまいて食べても美味しいです。焼いたトーストに塗って頂いても美味です。
そのほか汐雲丹を使った料理レシピを「天たつレシピブログ」に掲載していますのでよろしければご覧くださいませ。

写真

そのまま 炊き立てのご飯に。
炊き立ての白米に小指の先ぐらいの量の雲丹をのせると、
雲丹がとろッととけて磯の香と雲丹の味わいを存分にお楽しみ頂けます。

写真

焼き海苔で 雲丹のおにぎり
越前仕立て汐うに(雲丹)夏の食欲のない時にもおすすめです。
焼き海苔とご飯にのせ、雲丹おにぎりにしても美味しい。海苔の香ばしさと雲丹がとても良く合います。

YESマーティン!ZIP朝ごはんジャーニーで特集されました。

写真

㈱天たつ ホームページ

掲載内容について、調査日により古い情報の場合もあります。詳細は各自治体のホームページをご覧ください。また、万一、内容についての誤りおよび掲載内容に基づいて損害を被った場合も一切責任を負いかねます。

謝礼品かんたんサーチ

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス